急騰により続伸したビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)

急騰により続伸したビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)
4時間足のダイバージェンスを解消し、強い上昇トレンドを継続したビットコインは約10ヶ月ぶりとなる90万円台に返り咲き、超長期的な上昇トレンドへ転換の足がかりを作った。

前回記事から強い上昇トレンドを継続したビットコインは92万円まで値を伸ばし、2018年7月以来、約10ヶ月ぶりに90万円台に返り咲いた。ダイバージェンスを解消しながら健全な上昇を続けていたが、92万円から急落し、2時間足200日単純移動平均線(以下、200SMA)にヒゲをつけて反発し80万円台を推移している。

例のごとく今回の記事でもマルチタイムフレーム(MTF)分析を採用する。MTF分析の注意点については2019年4月7日の記事を参考にされたい。

現在の値動きと価格水準

MACD観測

3日足以上の時間足MACDを引きずらず、4時間足以下のMACDダイバージェンスを 解消した上昇となり、長期〜超長期的なトレンド転換が起きた可能性が高い

MACDダイバージェンス

ダイバージェンス(Divergence)とは、「相違、乖離、逸脱」の意味で、値動きとMACDラインの推移が逆行している現象のことを指す。

日足〜3日足レベルでもダイバージェンスが確認できるわけではないので、不健全な買い入れが入っているとはまだ断定できる状況ではない。天井狙いで積極的にショートを仕掛けるというよりは、まだ買い方向の方がエッジがある状況だと言えよう。

ただし、ここ数日の上げによってボラティリティが増大している状況であるので、後述するがかなり深い調整も常に念頭に置いておきたい。

OBV観測

まず、4時間足OBVトレンドラインに接近しているためここで反発確認ができるかが中期的な値動きの手がかりになるであろう。ただし、5月8日からの比較的短期的なサポートラインはブレイクしているため、短期的な調整局面である可能性が高い。また、日足レベルでのOBVもトレンドラインからの乖離が埋まる場合は注視したい。

OBV(オンバランスボリューム)

出来高系インジケーターのひとつ。出来高を指数化して、その方向性と資金の流れを捉えるための指標。

なお、3日足OBVについては前回記事で触れているように、2017年12月6日、および2018年3月2日から続くレジスタンスラインをブレイクしており、その後の上昇から鑑みるに長期〜超長期的なトレンド転換がなされている可能性が高いというのは上で述べた通りである。

今後のシナリオ

上昇継続シナリオ

このまま続伸する場合は、やはり直近最高値の92万円〜94万円がターゲットになるであろう。94万円は2017年11月21日や、2018年7月25日の最高値など過去に意識されたレートである。

大きな調整が入る場合は直近の下ヒゲになっている73万6000円程度まで見積もっておくべきである。

レンジ入りシナリオ

レンジ入りシナリオの場合も、天底は上昇トレンド継続でも述べた94万〜74万が一旦の枠組みとして想定されうる。調整下げが上述の価格よりも深い場合は200SMAの水準レートである70万程度まで警戒するべきであろう。

総括

この二週間は長期的なトレンドが上昇トレンドの方向に固まったといえるような力強い上昇相場であった。ボラティリティもかなり増大してきているため、読者の皆さんには特に資金(枚数)管理に気をつけていただきたい。

自身の時間足に合ったトレードを十分に心がけ、適切な資金管理下でのストップ設定のもと、今後の値動きに注目されたい。

Twitter:(@crypto_kitsune

CoinPost関連記事

ビットコインは長期的なトレンド転換の局面に、中期以下で上昇トレンドを継続|仮想通貨市況(クリプトキツネ)
4時間足レベルのMACDダイバージェンスを一旦解消し再び続伸した仮想通貨ビットコインは、日足レベルの逆行を起こしつつ、長期〜超長期のトレンド転換局面に突入している。クリプトキツネが独自考察。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック