CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨業界は「自分を成長させてくれる場」コインポスト社内インタビューVol.3

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部の内側を紹介

今回は、仮想通貨メディア「コインポスト」の要である編集部の主力メンバーとして活躍する社員インタビュー。職場の雰囲気や業界に対する想いなど、社内から生の声をお届けします。

ニュースメディア「コインポスト」の要である編集部の主力メンバーとして活躍している坂巻 ノアさんにインタビューを実施しました。

ーCoinPostに入った経緯

大学を卒業した後は「翻訳者」として仕事を探していて、たまたまCoinPostの「通訳募集」という求人を見つけて応募してみました。実際に面接を受けた時、通訳以外の業務がある事を知ったのですが、ベンチャー特有の若々しいエネルギーとフレキシブルな企業文化なら自分も活躍できるかもしれない、と感じました。

入社半年間は、米NYで開催された大型カンファレンスの海外出張などもこなしましたが、入社2週間目でリップル社のCTO(当時)にインタビューを任されるなど、一般企業ではさせてもらえない貴重な経験を積ませていただきました。

就活当時は、記者として働く自分の姿は、全く想像できませんでしたね(笑)

ー実際にCoinPostで働いてみた感想は

実は私の母が新聞記者で、小さい頃に毎晩遅くに帰宅する姿を見て「自分は絶対同じ道を行きたくない!」と思っていましたが、いざ同じ業界に入ってニュースや記事を書いてみたら楽しんでいる自分がいて、DNAの力に驚かされています。

最初は、仮想通貨・ブロックチェーンの知識が不足していて不安もありましたが、上司や先輩社員の方々がわかりやすく情報の調べ方を教えてくれたおかげで、自分で知らないことを調べる能力も向上しました。

また、編集部の先輩社員に日本語のフィードバックを繰り返しもらったおかげで、自分の文章力も格段と伸びたと実感しています。今では毎日のように、世界各国の仮想通貨・ブロックチェーン、金融、政治など多岐に渡るトピックに関する記事を執筆しています。

自分にインプットしながらアウトプットができる最高の環境にいるので、この仕事にやり甲斐を感じています。特に投資やチャート分析に関する情報は、記事執筆以外でも私生活でも将来的に重宝するものだと考えています。

求人掲載を見つけるきっかけだったLinkedInのSEOの力凄し、ですね。

―CoinPostの良いところは

CoinPostの強みはチームワークだと思います。社員一人一人に卓越した得意分野があり、そのスキルを生かしてCoinPostに貢献し、チーム全体で一つのゴールに向かって努力する。

また、スタートアップ企業で社員の人数もまだまだ少ないので、社員同士の距離感がとても近いですね。みんなでランチに行ったりして親睦を深めているので、働いていて楽しいです。

そうした楽しいことができるのは、みんな仕事のオンとオフがしっかりしていて、切り替えが非常に早いことも要因の一つだと思います。たまに記事執筆中に声をかけても、「集中モード」に入っていて気付いてもらえない、みたいなことも多々あります(笑)

―どんな方がCoinPostに向いてますか

やはりスタートアップなので、意欲があり、学ぶことが好きな人が向いていると思います。

チャンスがあれば自分から仕事を提案したり、改善できるところはどんどん発言したり、成長意識がある人こそ、コインポストのようなベンチャーには向いていると思います。

また、英語だと『life-long learner』と言うのですが、大学を卒業した後も生涯を通じて学習していくる姿勢を忘れない事が大事だと思います。自分には特別なスキルがないと思っている人でも、調査するコツを知っていて、学ぶ意欲と姿勢さえあれば成功できる会社だと思います。

―CoinPostを◯◯に例えると

僕は野球が好きなので、CoinPostを例えるとしたら、野球チームかな。

中心的なプレイヤー(編集長や営業部の中辻さんたち)がいて、その脇を一芸に長けた選手たちが固め、その周りを観客(ユーザー)の方々が応援してくれる。

そうしてチーム全員が同じ目標に向かって頑張っていく。そういった点でCoinPostはチームスポーツの野球に似ていると思います。あとたまに同じく野球好きの社長と一緒に野球観戦に一緒に行くこともあるので、そのイメージも強いのかもしれません。

ーメディア運営で気をつけている点は

やはり中立性ですね。

文章を書く際、やはり人間なのでどうしても個人の主観がニュースに混ざてしまうことがあります。バイアスを完全に取り除くことは難しいですが、仮想通貨ニュースを配信していくメディア運営側の人間として、情報を正確に伝えることを強く意識しています。

そして、情報を正確に伝えた上で、独自の考察や相場への影響を加えるようにしています。AIや機械学習の時代が始まりつつあり、今後さらに自動化が加速していく現在、コインポストが他のメディアと差別化を図るには、人間にしかできない「点と点の繋ぎ合わせ」が重要なのではないかと感じています。

編集部まとめ

坂巻さんは、入社1年目にして通訳やインタビュー、海外のクライアントとの連携など、卓越した英語力を生かした業務をこなしてくれました。現在では、編集部の中心メンバーの1人として、日々の記事執筆を行なっています

社内には英会話を会得している人材も多いのですが、やはりネイティブならではの発音やアプローチだったり、文章の読み方などで、頼りになるキーマンです!

海外出身の方々も活躍するCoinPostでは、オフィス内で英語や中国語が飛び交うなど、大企業よりグローバルな人材が揃っていると感じる場面も多々見られます。

今後この業界を盛り上げていくのは、今の学生さんたちです!仮想通貨業界で働いて、自分のスキルアップを図りたいという方のご応募を心よりお待ちしております。

関連情報

CoinPost、月間訪問者数で暗号資産(仮想通貨)メディア世界3位に

国内最大の仮想通貨メディアCoinPost、ライターなど複数の職種で人員募集

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア