前日比7%上昇のBTC|「ビットコインは次の価格調整まで3万ドルに」大手投資ファンドCEO

BTC強気相場は3万ドル行き?
米大手ファンドのCEOはビットコインが調整する前に330万円に達する可能性を指摘した。ブルームバーグ誌は「GTI VERA」の突破がBTCの大きな値動きを示す重要な指標と分析。

BTC強気相場は3万ドル行き?

ビットコイン(BTC)は昨日の夕方より一時急騰し12000ドル(約130万円)の水準を推移していた。そして、9日朝4時ごろ再び上昇に動き、現在12300ドル(約133万円)のラインで取引されている。

なお執筆時、ビットコインは前日比7%高を記録している。

ビットコインの強気相場を受け、米大手投資ファンド「モルガンクリークキャピタルマネージメント」のCEOを務めるMark Yusko氏はCNBCの番組に出演し、ビットコインの行方について語った。同社はビットコイン提唱者のPomp氏が管理する仮想通貨ファンド「モルガンクリークデジタル」 を傘下に持つ。

Yusko氏は「過去9ヵ月で見ると、ビットコインは最も高いパフォーマンスを見せている資産だ。」と述べた。昨年12月にビットコインが3100ドル(約34万円)の水準にいる時に、その底値について同番組で議論していたが、現在にいたって、Yusko氏は、「ビットコインは今パラボリック的動きをしている。これに沿って行けば、ビットコインが次の価格調整まで、3万ドル(約330万円)に達する可能性も考えられる。」と、強気を示した。

なお同氏によれば、ビットコインがブルトレンドを維持できていれば、「2021年までに10万ドル(1000万円)にたどり着くことも困難ではない」と、Pomp氏の予想と一致する。

「ベラ」上限超え

米有力紙ブルームバーグは日本時間9日1時ごろ、ビットコインがテクニカル指標の1つである「GTIベラ」の上限を超えたため、「急上昇」が近づいていると指摘した。「GTIベラ」はトレンドの方向を指し示すインジケーターである。

当時のベラの上限は11637ドルだったが、ビットコインは12000ドルを推移していた。朝4時ごろの急上昇はそのアップトレンド予測に沿ったシナリオと考えられるだろう。

同誌によると、ビットコインは今年2月には類似したトレンドでベラを超えて当時の年初最高値4189ドル(約46万円)を記録した。さらに、6月中旬に見られた新たな2019年ATHである 150万円もそのGTIベラに相関したものとされている。

さらにブルームバーグの取材に応じた米大手FX「Oanda Corp」の責任者は、ビットコインの強気相場はブロックチェーンに対する企業の確実な関心度と取り組みの表しであると指摘している。

また、ウォレット企業であるBolt GlobalのCCOは「仮想通貨に対するメインストリームの態度の変化に応じた市場の再生は自然な流れだ。フェイスブックやJPモルガンもこの産業に参入してきているため、ビットコインなどの仮想通貨市場には恩恵をもたらすだろう。」と語った。

CoinPostがおすすめする注目記事

ペナント上抜けでビットコイン(BTC)急騰、上昇トレンド継続なるか|仮想通貨市況
仮想通貨市場ではイーサリアム(ETH)やバイナンスコイン(BNB)などが反発を見せる中、”膠着状態”に陥るビットコイン(BTC)がペナント上抜けで急騰した。上昇トレンド継続のシグナルとなるか。
トロンの名を悪用した詐欺の被害者が抗議|トロン財団は公式声明を発表
トロンの名を悪用し行われたネズミ講に対する抗議者が、無関係のトロン関連企業に殺到した事件について、トロン財団が公式声明を発表。被害者への理解を示すも、抗議者の殺到には非難した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら