仮想通貨両替所シェイプシフト、「ノン・カストディ」の新プラットフォームを立ち上げ

シェイプシフトがプラットフォーム立ち上げ
仮想通貨両替所シェイプシフトは9日、ノンカストディ仮想通貨マネジメントのための新プラットフォームを立ち上げた。利便性を追求しつつ、秘密鍵の管理をユーザーに全て委ねる。

シェイプシフトがプラットフォーム立ち上げ

仮想通貨両替所のShapeShift(シェイプシフト)は今日、ノンカストディ仮想通貨マネジメントを目的とした、ワンストップショップ・プラットフォームのベータ版を新たに立ち上げた

出典:ShapeShift

ワンストップショップとは、関連するあらゆる商品を取り揃える販売形式を取るもので、商品の販売から各種手続き、アフターサービスまでが一手にまかなえるような商店の形容のこと。

同プラットフォームの目的としては、利便性を追求しつつ、秘密鍵の管理をユーザーに全て委ねるとしている。Erik Voorhees氏は、米Coindeskのインタビューに対して、以下のように話している。

コインベースのように、(同サービスは)様々なサービスを提供する。ただシェイプシフトでは、より安全性も高く、自己主権的に利用することが可能だ。

最小限の説明で、なおかつノンカストディの元に築かれた、私の祖父母でも使えるような素晴らしいUXを備えたプラットフォームが必要とされている。

シェイプシフトは2014年に、仮想通貨両替所として立ち上がり、仮想通貨を両替するプラットフォームとして運営が行われてきた。

ただ、今回新たにローンチされたプラットフォームでは、小売市場をターゲットとしており、開発に1年以上費やされている。

仮想通貨の管理には、ハードウォレットの利用や鍵管理など、複雑な工程が強制されるが、今日ローンチされたプラットフォームにより、仮想通貨管理のさらなる利便性の向上につながったか否かが、今回のニュースの注目ポイントとなるだろう。

CoinPostの関連記事

「ビットコインの冬」で心境に変化 仮想通貨取引所ShapeShiftの新ブランド戦略と揺るぎない信念
ShapeShiftが、正真正銘の非カストディ型仮想通貨プラットフォームを提供するための新ブランド戦略を公開した。「仮想通貨の冬」から学んだ教訓を生かし、新たな一方を踏み出した。
バイナンス出資の豪州旅行会社、仮想通貨BTC、LTC、BNBに対応するベータ版アプリをローンチ
仮想通貨取引所バイナンスが出資する旅行会社TravelbyBitが、仮想通貨で支払いが可能な予約アプリのベータ版をローンチしたことが明らかになった。決済時の手数料削減や処理速度向上を狙う。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら