人々の「関心度」から仮想通貨価格を分析するアルゴリズム ヘッジファンドらが着手

人々の「関心度」から価格分析が可能なアルゴリズムの開発に注目が集まる
インターネット上のあらゆるSNSから人々の「関心度」を収集し、価格シグナルを突き止めるアルゴリズム開発にヘッジファンドなどからの注目が集まる。「説明できない」価格変動を予測することに多額の投資が集まる見込み。

機関投資家「センチメンタル分析」に注目

ヘッジファンドやアセットマネージャーは今、人々の「関心度」に注目して仮想通貨の値動きを予測するアルゴリズムの開発に乗り出そうとしている。英大手報道機関ロイター通信によると、値動きに起因する要素を突き止めるために、SNSを解析する「センチメンタル分析」を行うアルゴリズムの開発への投資が集まろうとしていることが明らかになった

彼らの目的は、TwitterやTelegram、LINEやインターネット上の掲示板Redditといった様々なSNSの「ノイズ」を収集し分析することで、価格変動の「シグナル」を抽出することを可能にすることである。そのための精緻なアルゴリズムへの注目が高まっている。

このようなシステムを開発するためには人工知能を用いた高度な「自然言語処理(NLP)」という技術が必要になるが、もともと機械学習を含めたコンピューターによる価格予測モデルは多くの投資家が用いている手段であった。

今回注目されているアルゴリズムは価格そのもののデータ分析ではなく、人々の発言から感情の高まりを突き止め、価格に反映する点で従来のコンピューターによるものとは異なる。そしてこれはすでにエクイティや外為には適用されている。

このような注目の背景となったのは、現状の価格分析に対する限界があるとの見方もある。今年に入って急騰した仮想通貨の価格高騰を確固たるロジックを以って説明することは難しい。さらに、フェイスブック社が独自仮想通貨リブラを公式発表した6月18日には、グーグル検索での仮想通貨に関する検索件数が過去3ヶ月の中で最大となった。

従来の手法による急激な価格変動の予測の困難さに加え、センチメンタル分析の有用性に対する注目がアルゴリズム開発への注目に起因している。

一方で、現状は開発コストからその複雑性までハードルやリスクは高い

世界中の全てのSNSを収集するのは簡単なことではない。その数はツイッターにおける「ビットコイン」に関するツイートだけで毎日14,000から32,000に上る。このような技術を開発するエンジニアにも多額の採用コストがかかり、投資会社ブルースカイ・キャピタルのトップAndrea Leccese氏によると、50万ドルから100万ドル(約5000万円から1億円)がかかる。

このような多額の資金を用いても開発の価値があるという見方も多く、今後各社の分析の進捗に注目が集まる。

CoinPostの関連記事

Twitter感情分析、日米市場は仮想通貨ビットコイン(BTC)の肯定派多数
仮想通貨に関するデータを分析する米国のThe TIE社が、Twitterにおける各国の反応について調査結果を発表した。日本や米国市場はビットコイン(BTC)にポジティブ傾向にあるという。
暴落止まらぬビットコイン(BTC)、日米の下落要因が相場の重しに|仮想通貨市況
暴落の続く仮想通貨市場。1万ドルを大きく割り込んだビットコイン(BTC)の下落要因に日米市場の影響も。ETHやリップル(XRP)などのアルトコインも危険水域にあり、10日時点で38.6兆円だった総時価総額は1週間で-29%安の27.6兆円まで激減した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら