仮想通貨TRON創業者、中国からの出国禁止疑惑を否定

TRON創業者の所在が明らかに
仮想通貨TRONの創業者であるジャスティン・サン氏は、Twitterでライブ動画を配信し、サンフランシスコに滞在していることを証明。中国からの出国禁止疑惑を否定した。

仮想通貨TRON創業者は米国に滞在

仮想通貨TRONの創業者ジャスティン・サン氏は、自身のTwitterアカウントでライブ動画を配信し、自身がサンフランシスコに滞在していることを伝えた。サン氏が中国からの出国を禁止されているのではないかという報道を否定している。

サン氏は、著名投資家ウォーレン・バフェット氏と会食を行う権利を456万7888ドル(約5億円)で落札したが、特発性の腎臓結石を患い、7月25日に開催予定の昼食会を急遽キャンセル(別日に延期)すると発表した

しかし、昼食会をキャンセルしたと発表した後、中国の現地メディアが、サン氏がTRONの仮想通貨プロジェクトで違法な資金調達を行ったと報道。(2月の中国現地メディア報道ソースを元に)中国政府が出国禁止命令が未だ続いていることが、米国へいけない理由にあるのではないかと指摘が行われた。

また、サン氏が創設したライブストリーミングサービス「Peiwo」を通じて、違法ポルノビジネスを行なっていたという疑惑や、TRONのプロジェクトが中国の住民を対象に違法ギャンブルサービスを運営した可能性があることも合わせて現地メディアは指摘した。

疑惑の追求やバフェット氏との昼食会の行く末に注目が集まるなか、所在が不明確とされていたジャスティン氏だが、今回、ライブ動画の配信を撮影する形で、海外に在住している証拠を示した。

Twitter上にアップロードされている動画には、自身以外にボディガードらも映っており、サンフランシスコのベイブリッジを撮影することで、中国にいないことを証明している。

なお、今回のライブ動画がアップロードされた内容を受け、一度下落したTRON(TRX)の価格は上昇に転じている。

出典:CoinMarketCap

CoinPostの関連記事

バフェット「5億円昼食会」4人目の参加者決定、eToroの創業者とバイナンス慈善基金責任者を招待へ
仮想通貨TRON CEOのジャスティン氏は、先日5億円の落札で大きな反響を呼んだバフェット会食のゲスト枠に、eToro創業者とバイナンス慈善基金の責任者を招待したことを明かした。
バフェット氏とトロン財団CEOとの会食にCircle設立者を招待
TRON財団CEOのサン氏が、バフェット氏との会食にCircle社のCEOであり共同設立者のAllaire氏を招待。Allaire氏は「誇りに思う」と参加する意思を表明した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら