アマゾンが仮想通貨業界に本格参入しない理由|アマゾンペイ代表が言及

アマゾンが仮想通貨業界に本格参入しない理由
フェイスブックなど巨大テックが仮想通貨開発に乗り出す中、アマゾンが仮想通貨関連事業に対し静観の態度をとり続けている。アマゾンペイの代表がその理由を語った。

アマゾンが仮想通貨業界に本格参入しない理由

現在、フェイスブックやebayなど、巨大テック系企業が仮想通貨業界へ本格的に参入しているのは周知の事実だ。それら企業は、より自由な金融取引が可能な世界を追い求め、独自の仮想通貨「リブラ」の開発に着手し、金融業界を含め世界中で議論が巻き起こっている。

そんな中、世界最大手ECサイトのアマゾンが、当分の間は仮想通貨市場へ参入する意向がないことをニューヨークで開かれたカンファレンスにて伝えた。

登壇を行なったアマゾン・ペイの代表Patrick Gauthier氏の話によれば、アマゾンは解決が可能で、なおかつ明らかに問題解決のニーズが認められたものから着手を始めるといい、アマゾンについて、地に足のついた堅実な企業であると説明を加えた。

同氏は「我々が(リブラのような仮想通貨を)構築することが可能であるからといって、それが取り組むべきであるものとは限らない」と話し、仮想通貨業界に参入することが一番の優先事項でないことを強調した。

その具体的な事例としてGauthier氏は、最近アマゾンが結んだ金融サービス企業「Synchrony」との提携を挙げた。

Synchrony社は最近「アマゾンクレジットビルダー」と呼ばれるカードを発行しているが、「アマゾンクレジットビルダー」では、クレジットスコアの判断基準に関する情報にアクセスすることが可能にするシステムを顧客に提供。今まで不透明であったクレジットカードにおける信用スコアの評価基準を明確化した。

クレジットスコアは個人の信用力を表すため、米国において最も重要視される指標の一つであり、普段の生活に密接に関わってくる。

Gauthier氏は、アマゾンのサービスを顧客へ届けることには「重大な責任がある」と語り、そうした最高の利便性を届けることこそがアマゾンの使命であると話した。

アマゾンが業務上で喫緊の問題に直面し、仮想通貨技術の利用が唯一の解決策でない限り、アマゾンが仮想通貨業界に参入する可能性は低いと考えているという。

CoinPostの関連記事

米トランプ大統領、仮想通貨ビットコイン(BTC)とフェイスブックのリブラを痛烈批判
トランプ大統領が仮想通貨ビットコインとフェイスブック主導のリブラに対してTwitter上で批判した。規制面の問題に加え、麻薬取引など違法行為を助長するとして懸念を表明、米ドルだけが”本物の通貨”だとした。
仮想通貨「Libra(リブラ)」に関する米フェイスブックへの信頼は不要|規制当局に幹部が回答
独自仮想通貨「Libra(リブラ)」がもたらすプライバシー侵害などを不安視する計33の各種団体による米フェイズブック社に関する疑念について、同社幹部は「リブラの恩恵を受けるためにフェイスブックを信用する必要はない」との見解を示した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら