フェイスブック社、仮想通貨リブラのローンチで延期・中止する可能性を示唆=CNBC

SNS最大手フェイスブックが苦戦か
米フェイスブック社は仮想通貨リブラのローンチ自体を延期・中止する可能性を示唆していることが判明。規制順守やフェイスブックの信用問題などへの対応で、苦戦を強いられている。

仮想通貨リブラの発行中止の可能性も

米フェイスブック社が、SECに提出した書類の中で、同社が主導する仮想通貨リブラのローンチ自体を延期・中止する可能性を示唆していることが分かった。

リブラに対する市場の受け入れは深刻な不確実性に左右される中、リブラやカリブラを予定通りに2019年上半期にローンチすることは保証できない。もしくは、ローンチしない可能性もある

我々が持つ仮想通貨領域における知識と経験はそれほど豊富ではないため、今回のプロダクトの開発・マーケティングで成功できない可能性もあるかもしれない。

リブラに関しては、6月にホワイトペーパー(事業計画書)が発表された後、各国政府や多くの専門家から懸念の声が上がっている。リブラがマネー・ロンダリングなどの犯罪に悪用される可能性に限らず、フェイスブックに対する信用問題まで、リブラがもたらし得る経済リスクへの懸念が拡大した。

リブラの責任者を務めるDavid Marcus氏は、国会の公聴会で「規制に準拠することを最優先にする」と説明、規制準拠に伴う大きなハードルを乗り越える必要が出てきた格好だ。CEOのマーク・ザッカーバーグ氏も規制遵守について、フェイスブックとリブラ協会は規制者と連携し、規制の課題を解決した上でリブラをローンチする予定だと明言している

フェイスブックは27億人のユーザーを抱え、巨大なSNSプラットフォームを運営しているが、金融業の経験はない。ブロックチェーンも新しい技術のため、手探りの状態の可能性も指摘される中で、厳しい規制をクリアしていく必要がある。政府や規制機関を納得させることができるか、これから苦戦を強いられると見られている。

ザッカーバーグ氏は先週の、「これから時間をかけ、規制当局や専門家とコミュニケーションをとりながら準備を整えていく。その中で、今後どうするか、ベストな方法を見つけたい」と語っている。

CoinPostの関連記事

コインチェック運営のマネックス、フェイスブック主導の仮想通貨「リブラ協会」に参加申請
マネックスの松本氏は、決算説明会の記者会見でフェイスブックが発行を予定する仮想通貨リブラの協会に対して申請を出したことを明かした。なお運営するコインチェックは、ビットコイン高騰に伴い、クリプトアセット事業が大きく増収している。
仮想通貨リブラに複数の類似点? 2017年発表のデジタルコイン構想を用いた指摘
金融のイノベーションを学ぶ学生から、フェイスブック主導の仮想通貨リブラのホワイトペーパーに既視感を感じるという声があがっている。昨年発表されたデジタルコインとリブラに複数の類似点が見つかった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら