バイナンスのKYC情報漏洩疑惑、一部は外部業者から流出と判明|VIPアカウント付与などで補償対応へ

バイナンスのKYC情報漏洩疑惑、一部は外部業者から流出と判明
バイナンスのKYC情報の漏洩疑惑に関して、リークされた情報の一部は外部業者から流出していたことが判明。バイナンスは被害者に対しVIPアカウントを付与するなどして補償対応を進めている。

バイナンスのKYC情報漏洩疑惑、一部は外部業者から流出と判明

バイナンスのKYC情報(写真、パスポートのコピー、ID)漏洩疑惑を巡る問題で、リークされた一部の情報は、KYCの画像処理を行う外部業者から流出していたものであったことが判明した。バイナンス側はすでに、被害者に対するサポートに加え、手数料割引などの優遇を受けれるVIPアカウントの付与を通じて補償対応を行なっている。

バイナンスは、リークされた画像にシステムを通じて刷り込まれた電子透かしが含まれていないことを理由に、「FUD」であるとして調査を行なっていたものの、最新の調査結果から、第三者機関から流出したことが判明。漏洩元はバイナンスではないものの、リークされた画像の一部が第三者機関によって処理された画像と一致したことで、流出対象者への対応方針を発表した。

今回の画像流出事件発覚の発端となったのは、今月7日、匿名機能を特徴とするSNSのテレグラムで、匿名ユーザーがバイナンスのユーザーとされる人物の個人情報を拡散していたことに始まる。同ユーザーは、自身が保有すると主張する1万人に及ぶ個人情報と引き換えに、バイナンスに対して300BTCを要求。法的機関にも通報した上で、犯人の特定および告訴に貢献したユーザーには25BTCの懸賞を提供するとも発表していた。<

CoinPostの関連記事

顧客情報漏洩指摘でバイナンスに300BTCの身代金要求 CZ氏は『FUD』として対応表明
テレグラムのチャネルで、取引所バイナンスのユーザーと称されるユーザーの個人情報が拡散。バイナンスの代表者はいくつかの「不一致」を指摘、現在情報の真偽を検証していると伝えた。
「BinanceX」仮想通貨取引所バイナンス独自の開発者ネットワークを近日公開
仮想通貨取引所バイナンスは、「BinanceX」という新たな独自の開発者ネットワークを明かした。23日にベルリンで開催される予定のBinanceXとTrustWalletの共同ミートアップで討論される模様。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら