テレグラムの仮想通貨「Gram」、マルタの仮想通貨取引所に上場か 世界初の取引開始へ

Gram上場へ名乗り
仮想通貨取引所Blackmoonが、人気メッセージアプリを提供するTelegramの独自仮想通貨「Gram」を上場する計画を進めていると発表した。実現すれば世界初の上場ケースとなる。

Telegramの独自仮想通貨を上場

Blackmoonは、匿名性の高い人気メッセージアプリを提供するTelegramの独自仮想通貨「Gram」を仮想通貨取引所に上場する計画を進めていると発表した。同社は、マルタ共和国で規制ライセンスを有する仮想通貨取引所を運営している。

これまでの報道から、Gramのローンチ予定日とされていた10月31日を前に一般市場にリリースされる可能性が浮上しているなかでの報道となった。

上場が実現し取引が開始されれば、Gramを取り扱う最初の取引所となる可能性がある。

今回の上場に際し、BlackmoonはGramを取り扱うカストディアン「Gram Vault」とパートナーシップを締結。Gram Vaultの協力を得ながら、先陣を切ってGramを上場できるよう事業を進めていると発表した。

BlackmoonのCOO(最高執行責任者)のSergey Vasin氏は、「我々はTelegramのブロックチェーンに素晴らしい未来が訪れると信じている。Gramの流動性を確保するために貢献できるだろう」と話した。Blackmoonでは、銀行が発行するクレジットカードを用いてGramを購入できるようにするとしており、決済手段の多様化も流動性を高める手段となりそうだ。

東京に本社があるQUOIN株式会社が運営する海外の仮想通貨取引所Liquidは、7月にGramのICOを代行販売を行なっている。Liquidは、その際に計上された売上(仮想通貨)を取り扱うコールドウォレットのアドレスを先月末に公開。このことで多額の資金に対する透明性を高める動きとして注目が集まった。

参考資料 : Finance Magnates

CoinPostの関連記事

テレグラムの独自ブロックチェーンプラットフォーム「TON」、テストネットコードを公開
トークアプリ「テレグラム」は遂に、独自のTONブロックチェーンにおけるテストネットのソースコードを公開した。メインネットへの最終段階に向かう。
SNSアプリ「テレグラム」予定の10月31日よりも前に独自トークンGramをリリースか
匿名性の高いメッセージアプリ「テレグラム」が、予定されていた10月31日よりも早く、独自トークンGramをリリースすると報じられた。ICOで史上最大級の資金調達に成功したトークンに注目が集まっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら