消費税改正の余波、仮想通貨関連企業にも波及

消費税改正の余波
大手仮想通貨取引所のコインチェックは、10月1日からの「消費税率10%引き上げ」に伴い、入出金手数料の価格改定を予告した。なお、自販機の飲み物などの飲食品(お酒や外食サービスを除く)や新聞は、軽減税率の適用対象となる。

消費税改正の余波

大手仮想通貨取引所を運営するコインチェック社は13日、2019年10月1日より、消費税および地方消費税の税率が8%から10%に引き上げられることに伴い、コインチェック社の提供する「サービスの消費税込手数料が変更される」ことを発表した。

例えば、日本円の出金手数料の場合、従来の400円から407円に変更となる。他の取引所でも、同様の対策を取ることが想定される。

飲食品は軽減税率対象

なお、低所得者層への配慮を目的に、自販機の飲み物などの飲食品(お酒や外食サービスを除く)や新聞については、例外的に軽減税率8%の適用対象になる。嗜好品のアルコール類や飲食品以外の商品は、標準税率10%が適用される。

出典:中小企業庁


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら