CoinPostで今最も読まれています

ライトコイン創業者が利害対立を避けるために保有LTCを全て手放す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ライトコイン創業者のCharlie Lee氏は自身が所有する全てのライトコインを手放した
その理由は彼がツイッターのようなSNSを使い価格操作をしているという疑いをかけられていたためです。今後、インフルエンサー(仮想通貨界に影響を与える著名人達)とSNSの問題は改善されるのでしょうか。

ライトコイン創業者Charlie Lee氏がLTCを手放す

私は全てのライトコインを手放しました。そして、今後保有することはないでしょう

仮想通貨市場第5位のLitecoin創設者兼CEOがなぜライトコインを全て手放したのでしょうか。

ライトコインは2011年に始動し、二年後に時価総額10億ドル(約1133億円)に到達し、現在180億ドル(約2兆円)を超えました

ライトコインはライトニングネットワークでの初取引が実行された通貨です。

そしてシカゴの2大取引所(CBOEとCMEグループ)は、ビットコイン先物取引開始から1週間しか経っていませんが、既にライトコインを新たな仮想通貨として採用することを考えています

このようにライトコインの未来は有望ですが、創設者Charlie Lee氏は今朝(12月20日)、「私は全てのライトコインを手放しました」と述べました。

その理由は単純です。

彼は利害対立を避けるために全てを売ったのです。

彼は以下のように述べています。

「私がライトコインの価格、朗報、悲報についてツイートするたびに、自身の利益のためにやっていると責められます。私がライトコイン供給を制御していると疑う人すらいます。つまり、見方によっては私がライトコインを所持することが、利害の対立を起こすのです」

Lee氏はツイッターで38万人以上のフォロワーをもち、ソーシャルメディアは仮想通貨価格に大きな影響力を与えます。

他のどの商品よりもデジタル資産の価値は社会や大衆の意見に依存しているため、仮想通貨界の「Shilling(さくらのような悪質な客引き行為)」問題は深刻化しています。

そして大衆は気まぐれです。

株価の操作により利益を出す不法行為は仮想通貨界に浸透しています。

リー氏は、自身のソーシャルメディア投稿を使い価格操作を行っているという疑いをかけられている、と報告しました。

「これは私しか知らないことですが、私は重大発表をする前後にライトコインを売買しないようにしてきました」

と言います。

彼のツイートが価格に影響を与えると疑いが浮上していますが、実際は彼がコインを手放した後、ライトコインの価格は上がっています。

このように価格と彼のツイートは関係がありません。

リー氏は世間にライトコインを専任することは変わらないことを保証しました。

しかし、世間は厳しいです。

米最大仮想通貨取引所Coinbaseでビットコインキャッシュがデビューした瞬間、怪しいほどの高騰を見せました。

しかも偶然にも(?)、これはリー氏の発言の直後でした。

それに対して彼は、以下のようにコメントしました。

「上記のコメントはビットコインキャッシュのGDAX/Coinbase騒動前に書いたものです。一部の方は、私がBcashを個人利益のために生産してるとまで言います。私が何をしても疑いが晴れることがなさそうです」

Creator of Litecoin Gets Rid of All of His Litecoins

financemagnates.com Dec. 20, 2017 by Simon Golstein

参考記事はこちらから

CoinPost考察

Litecoin創設者兼CEOであるCharlie Lee氏は、このような大きな決断をしました。

ライトコインの価格はビットコインの問題点を補う存在としてもビットコインキャッシュと共に注目され大きな上昇へと繋がりましたが、これはチャーリー・リー氏を含めた開発陣の努力や広報活動の結果とも言えます。

周りから価格に関して疑惑の目を向けられたとしても、開発をしつつ独自の通貨の発展に寄与する上での資産の増加が見込める状況となっていた中での決断に世界が驚いたニュースとなります。

それだけライトコインの開発に熱意があると感じることができ、今後のライトコインの発展を見守りたいと感じる人も増えたのではないでしょうか。

ライトコインニュース一覧
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア