ビットコイン(BTC)反騰要因に「アルゼンチン・プレミアム」イーサリアム市場も影響か

ビットコイン(BTC)市況
乱高下する仮想通貨ビットコイン(BTC)反騰要因に、テクニカル観点のほか、南米で再び発生した「アルゼンチン・プレミアム」とイーサリアム市場の動向が取り沙汰されている。直近の仮想通貨市場を独自考察。

仮想通貨市況

米中貿易摩擦の影響で景気後退懸念が燻るなか、米中両政府は19日、10月上旬の閣僚級協議に向け次官級協議を始めるなど融和路線を見せた。これに先駆け米政権は、10月1日に予定していた追加の対中関税を15日に先送りしていた。

南米情勢では、アルゼンチン中央銀行(BCRA)の金融政策委員会は18日、マネーサプライ(通貨供給量)減少に伴うカントリーリスク上昇などを懸念し、法定通貨ペソの供給量を2.5%ずつ増やす計画を発表した。

これに伴いビットコイン(BTC)需要が拡大、アルゼンチンの仮想通貨取引所ブエンビットでは、約1400ドルの”BTCプレミアム”が発生している。

出典:buenbit

アルゼンチンでは今月3日にも、ビットコインがアルゼンチン・ペソ建で高騰。いわゆる「アルゼンチン・プレミアム」現象が度々起こっている。Buenbitでは、一時1BTC=12,017ドル(70万ペソ=2日23時)のプレミアム価格をつけ、米コインベースにおける1BTC=10,345ドルと1,600ドル以上の差を記録した。

アルゼンチン政府は、同国を債務不履行(デフォルト)状態の危機に強いられる「外貨準備高の減少」と「ペソ安」の継続を止めるために、米ドルに対する資本規制を導入しており、今後の行く末が注目を集める。

そんな中、今月18日には、Huobiグループが仮想通貨取引所「Huobi Argentina」の設立を発表した。慢性的な(法定)通貨不安を抱えるアルゼンチンを最も南米で需要の高い市場とみなし、利便性の高いサービスを目指す。

関連:Huobiグループ、アルゼンチンに仮想通貨取引所設立|南米マネー流入なるか

ビットコイン(BTC)ドミナンスは67.6%まで低下しており、一定の資金移動が確認されている。

特にイーサリアム(ETH)は、18日の下げを否定するような25ドル幅の上昇を見せており、20日明け方のビットコイン(BTC)反騰および連れ高を先導した可能性があり、先日の反騰時から大口の資金流入を示唆している。日足・4hRSIで過熱感があるため注意も必要であるが、現在推移する8月の高値水準となる230ドルラインを明確に超えることができれば、主要ラインの280ドルも見えてくるか。

ビットコイン(BTC)市況

20日12時時点のビットコイン(BTC)は、10260ドル(110万円)台で推移。

19日昼頃に約6万円幅(500ドル)急落するも、ペナント下限付近で押し留まると、深夜〜明け方にかけて下落分を帳消しにする反発を見せた。(下図:BitMEX)

直近では、10,000ドルの心理的節目を境にして大ペナントのレンジ内で激しく上下に揺さぶるような値動きを繰り返しており、4hRSIも直近では類を見ないほど鋭角だ(赤丸)。現物保有分を含め「ふるい落とし」の憂き目に遭った投資家も少なくないものと思われる。(下図:bitFlyer)

依然としてセオリー通りのディセンディングトライアングル下抜け気配は色濃く、上値においては直近3ヶ月で大幅に切り下げている。また、現在は買い戻しのターンが一旦終了し、テクニカルでも戻り売られやすい価格帯にある。

一方で、形成の煮詰まった場面では大口に左右される部分があることは否めず、BTCドミナンスは70%超えを目先天井として、イーサリアム(ETH)など主要アルト市場の風向きにも変化が見られる。

スキャルピングなど短期トレード以外でのポジションを持ちにくい状況が続くが、大方の予想にある「9,000ドル」底抜けからの暴落リスクを念頭に置きつつ、保ち合い上放れから急騰の可能性も視野に入れておきたい。

CoinPostの関連記事

『日本の仮想通貨市場復活のために』業界最先端のトレーディングツール、デコチャート開発秘話
仮想通貨業界の有志が共同開発する、最先端の仮想通貨トレーディングツール「DECOCHART」プロジェクト。CoinPostの取材で、開発の舞台裏や今後のビジョンが明らかとなった。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/10更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら