「概念実証の段階は終わった」VeChain共同設立者らがブロックチェーン主流化のビジョン語る

VeChain共同設立者、ブロックチェーンのマスアダプションに向けたビジョン語る
VeChainのCEOやデロイトのブロックチェーン部門CTOらが、中国上海のブロックチェーンイベントへ登壇。ブロックチェーンは既にビジネスで実装段階にあるとした上で、大衆普及に必要な要素を語った。

VeChain、普及に向けたビジョンを語る

パブリックブロックチェーンのVeChain共同設立者Sunny Lu氏が、9月16日から18日にかけて上海で行われた「上海国際ブロックチェーンウイーク2019」に、VeChainの主要パートナーであるDNV GL、デロイトのブロックチェーン責任者と共に登壇した。「新しい経済、新しい10年、新しい始まり」をテーマに掲げた同カンファレンスで、ブロックチェーンの利点や展望についてビジョン語った

関連中国政府高官が肯定姿勢=政府認可のブロックチェーン会議

サプライチェーン上の追跡、認証で強みがあり、Walmart ChinaとBMWでの導入例も持つVeChainであるが、Lu氏は、大衆におけるブロックチェーン普及について次のように話している。

プロフェッショナルによるチームと企業レベルのアプリケーションでのみ、ブロックチェーン技術の開発、その「マスアダプション(一般的利用普及)」を促進することができる。これはビジネスをしていくうえでのコンセンサスだ。

また、Lu氏は、エンタープライズでのブロックチェーン普及には、企業間での合理的なインセンティブメカニズムが必要だと主張。「技術的な合意よりも、ビジネス面での合意に達する方が難しいかもしれない」とも述べ、ユースケースが少ない中でのビジネスの枠組み作りが重要であることを強調した。

さらに、企業間でのガバナンスにおけるコンセンサスには、政府と規制当局も役割を果たす必要があるといい、メインストリームへのブロックチェーン採用には、公正かつ協力的な環境づくりを行う国家の協力が必要であるという見解も示した。

「概念実証の時代は終わった」 実戦へ

VeChainの戦略的パートナーでもあり、世界有数の認証機関DNV GL社のRenato Grottola氏は、「ブロックチェーンによる信用業界の改革事例」と題した基調講演を実施。

「概念実証(POC)の時代は終わり、今やブロックチェーンの導入はマスアダプションが出来るかどうかに注目しており、ブロックチェーン技術とビジネスニーズがマッチする事業パートナーを選ぶことが肝心だ」と発言し、ビジネスにおけるブロックチェーン導入が、すでに実装段階へ入っていることを強調した。

また、Deloitteブロックチェーン部門のAntonio Senatore氏は、「新時代に向けた新技術」と題したスピーチの中で次のように発言し、ブロックチェーンの可能性へ強い期待感を示した。

私達がブロックチェーンに移行した理由は、ブロックチェーン上の全ての者が証明可能であり安全だからだ。更にパブリックブロックチェーンは製品、企業、人々をデジタルに繋ぐ事もできる。

参考:VeChain公式

CoinPostの関連記事

国内FinTech市場は2022年に1兆円突破へ=矢野経済研究所調査レポート
矢野経済研究所は国内FinTech市場に関する調査レポートを発表し、2022年までに市場が1兆円を突破するとの予測を示した。また、注目トピックとしてブロックチェーンが取り上げられた。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら