ILCoinがブロックチェーンを再考し、スケーラビリティ問題の解決するRIFTを導入。

ILCoinがブロックチェーンを再考し、RIFTを導入
ネットワーク間にあるこの新しいレイヤーRIFTにより、ブロックチェーンの進化に無限の可能性を提供し、近い将来に増加するトランザクションへの対処が可能になります。

日本のブロックチェーン市場規制

現在の状況は日本の仮想通貨投資家にとって有望だと考えられます。

なぜなら2018年に、2つの主要な仮想通貨取引所(CoincheckとZaif)のハッキングに苦しんでいたという事実にもかかわらず、日本の当局はブロックチェーンイニシアチブを規制し、最大限に活用しようとしているからです。

金融規制当局である金融庁(FSA)は、仮想通貨とICOの新しい規制枠組みの概要をまとめた報告書草案を発表しました。

同枠組みは、セキュリティ対策として秘密鍵の使用を奨励しました。また、取引所に「通貨および返済資金に相当する額以上」の純資産を保有することを義務付けています。

さらに、金融庁は、急速に発展する技術革新を認め、自主規制機関を介して規制する必要があると述べ、金融庁は、日本仮想通貨取引協会日本仮想通貨取引協会に加入していない企業や、規則を遵守するための内部規制を確立していない企業の申請を拒否できます。

このような背景からも日本のブロックチェーン業界の規制は世界の中でも進んでいると言われ、今後しっかりとした規制にも続くイノベーション発展を促進する環境が作られることが予想されます。

ILCoinブロックチェーンプロジェクトの革新的なソリューション

ブロックチェーン業界にある、拡大する問題に対処するには、最新のソリューションが必要です。

まず、システムの安全で効率的な作業を確保するために、ILCoinのブロックチェーンは、分散化とピアツーピア同期の原則を維持しながら再設計する必要がありました。

今年の初めに、チームはプロジェクトの最初の分岐を完了し、部分的集中化の概念に基づいてコマンドチェーンプロトコル(C2P)コンセンサスを導入しました。

ILCoin ブロックチェーンプロジェクトは、C2Pの助けを借り、量子コンピューティングの脅威に効果的に対処した後、RIFTプロトコルという、もうひとつの新しい技術を公開する準備をしています。

テストが示すように、1.5 GBブロックはすでにRIFTプロトコルで現実となり、同プロジェクトはさらに画期的な5 Gbのサイズを達成することを目指しています。

「RIFTテクノロジー自体には、ブロックの大きさに制限がありません。

私たちを制限しているのは、現在のネットワークシステムだけです」と、プロジェクトのエグゼクティブマネージャーであるNorbert Goffa氏はコメントしています。

RIFTプロトコルには、参照に接続された2つのチェーン(ブロックの1つ目とミニブロックの2つ目)があります。

このシステムは、ブロックチェーンの第2層を導入します。この第2階層は、ミニブロックで構成され、各ミニブロックはトランザクションを含みます。

そして、採掘されたブロックにミニブロックが含まれる、多層垂直統合を生み出します。

マイニングされたブロックにはミニブロックへの参照があり、ミニブロックにはトランザクションへの参照があります。

しかし、ミニブロックはマイニングされません。

これにより、フラクタル複製のプロセスを模倣した自己完結型ブロックになります。

RIFTを使用したブロックチェーンの進化

ネットワーク間にあるこの新しいレイヤーは、ブロックチェーンの進化に無限の可能性を提供し、近い将来に増加するトランザクションへの対処が可能になります。

トランザクションはブロックチェーンの外部には存在しません、ミニブロックレイヤー内に存在します。

これにより、スケーラビリティ問題の解決が可能になります。RIFTを使用すると、膨大な量のトランザクションを処理できるようになります。

プロジェクトの詳細については、https://ilcoincrypto.com/にアクセスまたは、ILCoin開発チームのTelegramチャネルにご参加下さい。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら