マイナー損益ラインとチャートから見るビットコイン価格考察|仮想通貨市況(寄稿:響)

ビットコイン市況(寄稿:響)
ビットコイン市場におけるマイナー損益ラインとチャートから、仮想通貨の著名トレーダー「響」氏が独自考察。BTCオプションや個人のポジション動向と併せて、今後の展望を探る。

ビットコイン(BTC)価格考察

拡大可

ビットコインは、サポートとして機能していた9000$(約97万円)を一気に割り込み、7800$(84.1万円)まで大きく下落した。前回の寄稿の際に書いたように、出来高の少ない真空地帯を1000$(10.8万円)幅以上の下落で一気に通過する形となった。

短期はトレンド転換したと思って見ていくが、出来高の少ないゾーンを一気に落ちたという事は、同じように出来高の少ないゾーンを作った事となり、「再び勢いがつけば9500$(102.5万円)付近までの戻り」を一つの可能性として今後の動きを見ていきたい。

拡大可

サポートとして幻想のように意識される「BTCマイナーの損益ライン(採掘原価ライン)」は、画像のように何度か機能して支えられていた形となり、このラインを短期で意識してトレードに活かす事は有用性が高いと考えられるが、9/14の難易度調整で10500$(約113万円)前後まで損益ラインが上がると、今度はそちらがレジスタンスラインとして機能してくるように感じた。

今回の大きな下落はそちらが如実に現れた感じとなるが、同時に、「損益ラインが維持できそうに無い」と判断したマイナーは、CME先物等でヘッジポジションを組んで下落に備えるのではないかとも推測する。「採掘原価レベルで割に合わない」というマイナーが出てくると、BTCのさらなる下落に拍車がかかる可能性も今後視野に入れたい。

※マイナー損益ラインについては、計算方法によっても正確な数字を出す事は難しい、著者も参考にさせて頂いているが、Twitterでも活躍されている佐々木さん「Toru Sasaki(@CocostaGeekend )」が、マイナー損益ラインとして計算されている数字を参考にさせて頂いたので紹介しておきたい。

ビットコイン(BTC)今後の展望

相場の予測として、7800$より再び下落が始まった場合の下限目安をチャートから考えていくと、個人的には7500$(80.9万円)を一旦の目途として見ていきたい。

7500$のラインは、今年6月の大きな上昇の起点となっており、このラインで下げ止まってから年初来高値の13700$まで一気に上昇した。トレンドラインに対して平行ラインとも重なる位置で、大衆から意識されるラインになってくると予想する。

ただし、このラインを抜けてしまうと、再び画像のように5400$(58.2万円)付近までが出来高の真空地帯となり、大暴落シナリオのトリガーになる可能性も否めないが、そこまでの下落はすぐには考えにくいとも思う。

BTCオプションのポジション動向

大口のポジション動向を参考にする為にも確認しておきたい、「Deribit」のBTCオプションデータを見ると、8000$と9000$に大きなポジションがあり、オプション動向的には現在はこのレンジが意識されるかと思う。

早々に10000$回復のシナリオを考えるのは難しいように思うが、9000$を早々に回復してサポートと出来れば9000$~10000$までのレンジにスライドできる可能性もあり、引き続きオプションのポジション動向を見ていきたい。

個人のポジション動向も見ておきたいが、参考として一つTAOTAOさんが出してくれている「建玉表」を見ると、100万円台のロングポジションが損切り出来ずに捕まっているように感じる。

9/30日→10/1日の変動枚数を見ると以下のようになっているが、下落後の85万円台90万円台は早々に見切りをつけられているように感じる、下落前の個人の買いポジションが残っており、短期的には今後BTC上昇の重荷となってくるのではないだろうか。

30日→10月1日AM7時の主な変動枚数

80万円台:買 +10 / 売 +9

85万円台:買 -24 / 売 +38

90万円台:買 -47 / 売 +1

寄稿者:@Whiskey_bonbon_
日本株に始まり投資投機の経験は20年、幅広く分散投資を心掛ける。生涯を見据えた長期の投資も行うが、仮想通貨はFXを使った投機を好み積極的に行う。

CoinPostの関連記事

『日本の仮想通貨市場復活のために』業界最先端のトレーディングツール、デコチャート開発秘話
仮想通貨業界の有志が共同開発する、最先端の仮想通貨トレーディングツール「DECOCHART」プロジェクト。CoinPostの取材で、開発の舞台裏や今後のビジョンが明らかとなった。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/15更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら