ステラ開発財団、仮想通貨XLMの「インフレ機能の無効化」を提案

ステラ開発財団、XLMのインフレ機能を無効化する提案
ステラ開発財団は、XLMトークンのインフレ機能の無効化をネットワーク参加者に提案した。毎年1%近くトークンが増加する仕組みを変更する可能性がある。

ステラ開発財団、XLMのインフレ機能を無効化する提案

Stellar(ステラ)ブロックチェーンを開発する非営利財団であるステラ開発財団(SDF: Stellar Development Foundation)は10月1日、ネットワーク参加者に対し、ルーメン(XLM)トークンのインフレ機能を無効にする提案をした。

ステラネットワークでは、毎年1%近くトークンが増加する仕組みがある。

100XLMを保有しているアカウントが参加する投票で、毎週新たなXLMトークンが配布される仕組みがあり、これがインフレを起こす原因として見られていた。

インフレはステラネットワークにとってあまり好ましいものではないとして、SDFはこの提案を「いいアイディア」だと主張しており、無効化する提案を行なっている。

XLMトークンのインフレを承認するために他アカウントへのXLMトークンの寄付を必要とする従来のメカニズムの下では、ネットワーク参加者の意図を正確に反映できていない可能性がある。SDFの創設者は「ステラのエコシステムでは一定の投票によってインフレが承認される。しかしながら、善良なネットワーク参加者はインフレを承認するためというよりも、寄付をするために投票している」と説明する。

この提案は、ステラネットワーク参加者の承認投票を必要とする。SDFはすでにバージョン12のコアネットワークでインフレーション機能を無効にしており、このリリースを提案している。SDFはこの提案を承認することをネットワーク参加者に推奨している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら