米アップルCEOが独自仮想通貨の発行を否定「通貨主権は国にあるべき」

アップル社CEOが独自仮想通貨の発行を否定
米アップルのティム・クックCEOは仏主要メディアに対し、独自仮想通貨の開発・発行計画を否定。通貨発行権は政府にあるべきだととの考えを示した。

アップル社CEOが独自仮想通貨の発行を否定

米Appleは、独自仮想通貨の開発・発行の計画を否定した。フランス主要メディア紙「Les Echos」が報じた。

アップルのCEO Tim Cook氏はレゼコーの取材に対し、「通貨発行権は政府にあり、民間企業が競合するような分野ではない」との見解を示した。

Cook氏は「政府代表は国民が選出し、通貨主権などの任務を担うことになる。一方、民間企業は国民の投票によって選ばれておらず、通貨発行権は有していない。」と指摘し、同じのGAFAのフェイスブック社が発行しようとしている仮想通貨リブラに対する見解を示唆している。

昨年9月、アップル社が仮想通貨の動向に注目しているとの報道を受け、仮想通貨の発行を検討しているのではないかとの推測があった。フェイスブックの影響で独自通貨への関心が高まるなか、アマゾン社も自社仮想通貨の発行計画を否定している。

参考:LesEchos

CoinPostの注目記事

フェイスブック主導の「リブラ協会」、決済大手PayPalが会合に不参加
決済大手PayPalが、フェイスブック主導の仮想通貨リブラを運営・管理するリブラ協会への参加見送りを検討しているとの観測がある。3日開催の会合に参加予定だった28社の内、Paypalだけが不参加だったという。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/15更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら