評価額10億円超 仮想通貨関連ユニコーン企業は11社:バイナンス・リップル・コインベース他

仮想通貨業界のユニコーン企業

世界の仮想通貨・ブロックチェーン業界には、11社のユニコーン企業が存在していることが分かった。

評価額が10億ドル(約1090億円)以上の企業を示すユニコーン企業にランクインした業界の11社には、仮想通貨取引所のバイナンスとコインベース、また米リップル社らが名を連ねる。

中国のリサーチ企業Hurun社は21日、世界のユニコーン企業のリストの2019年版を発表した。2000年代に設立された評価額10億ドル以上のITスタートアップで、未上場企業のランク付けも行なった。

Hurun社は、24カ国118都市に存在する494のユニコーン企業を調査。地域別に見ると、中国が1番多く206社、続いて米国が203社、欧州が35社となるという。中国と米国を合わせると、世界のユニコーン企業の8割超を占める一方で、日本の企業は極めて少ない。

仮想通貨業界で企業別のランク付けを見ると、仮想通貨マイニング最大手Bitmain社がトップで、その評価額は120億ドルだ。同じ中国企業でライバルのCanaanとEbangもリストアップされており、評価額は順に30億ドルと15億ドルとなっている。

その他の仮想通貨関連企業は、上述したバイナンス、コインベース、リップル社以外に、米仮想通貨決済企業のCircle、仮想通貨EOSの発行企業米Block.one、非中央集権クラウドサービス企業Dfinity、ブロックチェーン企業Bitfury、日本で仮想通貨取引所のサービスも展開するLiquid Globalがリスト入りした。

出典 : The Block

数値の根拠

上記リストによると、リップル社の評価額は50億ドル、Circleは30億ドルとなっている。しかし民間市場では、両社とも評価額が10億ドル以上とみなさない見解もあった。ベンチャーキャピタリストで作家のBrent Beshore氏がSNSに投稿した株式のオファーでは、現在Circle社の株は最大8割引で提供されているという。一方リップル社の株は最大5000万ドル(約54億円)の価値で売られている。

今週初めリップル社CEOのBrad Garlinghouse氏自身がメディアのインタビューで、銀行にある現金の額を根拠に、リップル社の評価額は3億500万ドル(約331億円)であることを示唆した。またHurun社のリストは6月30日時点の評価額を元に作成されていることにも留意したい。

今回リストアップされたユニコーン企業の評価額の平均は34億ドルで、全494企業の合計は1.7兆ドル(約185兆円)だった。

上記リストの11社以外にも、ブロックチェーン業界にはユニコーン企業がありそうだ。今回の発表の後、米大手仮想通貨取引所クラーケンの担当者はThe Blockに対し、クラーケンの評価額は40億ドルだと説明。大手仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXも10億ドル以上の評価額があると指摘する声がある。

世界の投資リーダーSequoia社

Hurun社のリストによると、ユニコーン企業への投資に関して世界で最も成功しているのは圧倒的にSequoia社だ。5社に1社の割合で投資を行なっており、その勢いはソフトバンク、テンセント、Tiger、IDG、ゴールドマンサックス、アリババをも凌ぐ。Hurun社のレポート責任者でチーフリサーチャーのRupert Hoogewerf氏は「ユニコーン企業は見つけるのが難しいと思われているが、Sequoia社やソフトバンクやテンセントといった投資企業は、それを簡単にこなす」と語っている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら