CoinPostで今最も読まれています

売り圧強まるビットコイン(BTC)、ハッシュレート急落の背景と今後の影響は?|仮想通貨市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン(BTC)市況
25日の暴騰後、次第に売り圧力を強めるBTCは際どいラインにあり、再び下落トレンドを鮮明にするか注目を集めている。そんな中、直近の「マイニングハッシュレート」急落の背景と今後の影響を考察した。

仮想通貨市況

米連邦準備制度理事会(FRB)は、30日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)にて、政策金利を0.25%引き下げを決定した。

米国企業に置ける先行き不安など景気減速リスクを念頭に、7月、9月に続く3連続の追加利下げに踏み切った格好だが、FRBのパウエル議長は、「金融政策は良好な状態にあると考えている」と手応えを示したほか、米中貿易摩擦やEU離脱問題も改善の兆しがあるとして「適切に見極める」と言及、金融緩和休止を示唆した。

7-9月の米国内総生産(GDP)速報値は前期比年率1.9%増となり、市場予想を上回っている。

ハッシュレート急落について

ハッシュレートデータを掲載するBlockchain.comのデータによれば、仮想通貨ビットコイン(BTC)の「採掘速度」を示すハッシュレートは27日、78,269,824TH/sまで急落した。

出典:blockchain.com

マイニングにおけるハッシュレート推移は、ビットコインネットワークの採掘状況や、関連企業の動向を知る貴重なデータとして、ビットコイン価格と比例した推移を見せてきた。2018年9月には、市場急落とともに中小マイナーの撤退が影響し大きく下落、相場と相互作用する形で、BTC相場の下落要因に挙がっていた。

23日に記録したピーク時の114,342,004TH/sから、4日間で32%減となる。30日時点では91,201,360TH/sまで回復しているが、2週間ごとに計算される次の難易度調整では、Difficultyの大幅下方修正が見込まれる。前回のDifficulty調整では難易度が上昇したが、同タイミングにBTC価格が下落したこともあり、マイナーの競争激化の影響で、採算ラインが厳しくなったマイナーが出た可能性も指摘される。

なお、CoinShareの調査報告「The Bitcoin Mining Network」で、BTCマイニングでは水力発電などの再生可能エネルギーが大半とされ、マイニングファームが集中し、Global Mining Shareの50%を占めるとされる中国・四川省では水力発電が盛んとなる。雨季の6月より始まる中国豊水期が10月に終わったことも、電力コストが最大1/2に下がるシーズンのみ活性化していたマイナーの撤退が影響している可能性も否めない。

ただし、BitmainなどOEM(委託者ブランド名製造)に対してチップの新規発行を行なっているため、より高性能な新マシンの投下が今後も継続されることが予想され、今後もハッシュレートの上昇余地はある。したがって、現時点で市場におけるBTC価格と反比例することで乖離が広がり、大暴落する危険水域に達しているとは言い難い。マーケットの警戒要因になるため、ハッシュレート推移などマイニング動向は引き続き注視する必要があるだろう。

今後危険水準になり得る注目パターンは、以下の2つとなる。

1. このままハッシュレートの急落が、デフィカルティの調整関係なく継続した場合

2. ハッシュレート上昇が続き、ビットコイン価格が下落する反比例現象(乖離)が続いた場合

ビットコイン(BTC)市況

25日の暴騰後、様子見基調の強まっていたビットコイン(BTC)だったが、徐々に高値を切り下げるなど「弱気派」が勢力を強めている。26日以降に再びディセンディングトライアングルを形成しており、今後9000ドル付近にある日足200MAを明確に割り込むかどうかが注目される。

先日の急騰でトレンド転換を期待する声もあったが、大規模なショートカバーとの見方も強く、近年の市況悪化の影響もあり買いが続かなかった。9500ドルにある上値抵抗線、あるいは108〜110万円(10000〜10100ドル)を明確に抜けない限りトレ転を見込むのは困難であり、現時点では突破口が見出せずにいる。

その反面、何度か反発している9,000ドル付近で耐え抜き、材料の後押しで上記ラインを上抜けることができれば、半減期2020に向けた中・長期的な上昇も視野に入るかも知れない。

直近の市況における今後の展望については、コインポスト所属ライターの著名トレーダー「やがみ」氏が、チャート考察を詳しく解説している。

高難易度のビットコイン相場、目線が変わる価格帯は?|仮想通貨市況(寄稿:やがみ)

CoinPostの関連記事

リップル最重要カンファレンス『SWELL 2019』、注目ポイントと仮想通貨XRPへの影響
米リップル社主催の最重要カンファレンス「SWELL 2019」が迫るなか、仮想通貨相場に影響を与え得るポイントを特集した。前回、前々回のSWELL時のXRP価格推移も掲載。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧