米コインベース 全米国ユーザーに対し仮想通貨テゾス(XTZ)のステーキングを解禁

米ユーザーにステーキングサービス提供

大手仮想通貨取引所コインベースが、全ての米国ユーザーに対し、仮想通貨テゾス(XTZ)のステーキングサービスの提供を開放した。ニューヨークとハワイ州在住のユーザーは対象外だ。

なお、今後より多くのステーキングサービスを米国の一般ユーザーに提供すると説明。

コインベースでテゾスを保有するユーザーは、その額に対して最大5%の報酬を得ることができ、3日ごとに支払いが行われる。3日というのは、テゾスで報酬が得られるのに必要なサイクルだ。

本来、「コインベース・カストディ」で機関投資家・大口投資家しか、テゾスのステーキングサービスを利用出来なかった。TheBlockは、コインベースカストディが開始から2カ月間で7580ドルから8324ドル(約83万円から約91万円)の報酬を生んだと報じた。

出典:The Block

コインベースの担当者は米メディアWIREDに対し、テゾス以外でも、ステーキングシステムを採用する仮想通貨へのサービス対応の計画を明かしている

関連米コインベースカストディ MakerDAOのネイティブ通貨「Maker」のステーキングサービスを開始


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

著者

John Dantoni

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら