ボクシング世界王者パッキャオの独自仮想通貨PAC、GCOXでIEO実施

「マニー・パッキャオ」の仮想通貨IEO実施へ

ボクシング6階級制覇のWBA世界王者マニー・パッキャオの独自仮想通貨「PAC」が、シンガポール拠点の仮想通貨取引所GCOXでIEOされることが分かった。11月12日〜14日にかけて行われる。

IEO(Initial exchange offering)は、上場先の仮想通貨取引所が審査を直接行い、プロジェクト代行のトークンセールを行うもの。上場トークンの信頼性を担保するため、ICOに代わる新しい資金調達法として普及した。

GCOX社CEOのJeffrey Lin氏は、「PAC」トークンはブロックチェーン技術とファンカルチャーを組み合わせた最初の暗号資産であると語っている。 PACトークンはいくつかの目的に使用できるが、特にパッキャオ氏とファンの交流を促進する機能がある。

ファンは、ボクシングのレジェンドであるパッキャオ氏と、ソーシャルアプリの「Acclaim!」を通して繋がることができる。アプリ利用者は、直筆サインの購入や、パッキャオと会えるオフ会のチケット等と交換できるポイントを受け取れるという仕組みだ。ライブストリームや動画などのオリジナルコンテンツも提供されるという。

PACトークン出資者としては、サッカーのイングランド元代表のマイケル・オーウェンのほか、アブダビの王族であるSheikh Khaled bin Zayed al-Nahayanらが名を連ねている。

GCOXとは

シンガーポール拠点の仮想通貨取引所GCOX(Global Crypto Offering Exchange)は、「セレブリティ・トークン」と呼ばれる世界的有名人のファントークンを上場する取引所だ。テニスの元世界女子No.1のキャロライン・ウォズニアッキ、前述のマイケル・オーウェン、大物歌手のジェイソン・デルーロもトークン上場を予定しているという。

有名人が行う慈善事業などの呼びかけに賛同したファンが、トークンを通じて活動支援できるようにすることも目的の一つにあるという。仮想通貨取引所としての機能も有しており、主要な仮想通貨ペアの取引を提供している。

CoinPostの注目記事

Binance CZ氏「短期で利益を得たい仮想通貨投資家はIEOに参加しないで」
大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏が「短期で利益を得ようとする投資家IEOに参加しないで」とコメント。IEOを通じてプロジェクトの長期的な成長を支える意向を示した。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら