CZ氏「スマホは仮想通貨普及の鍵」 バイナンス版ブロックチェーンスマホが誕生

バイナンスのスマートフォン

世界最大手仮想通貨取引所バイナンスは、台湾の大手電子機器メーカーHTCと共に、ブロックチェーンスマートフォン「EXODUSシリーズ」のBinance Edition(バイナンスバージョン)を発表した。

バイナンス独自のブロックチェーン「バイナンスチェーン」が統合されており、分散型取引所「Binance DEX」の利用をサポートしている

基となるEXODUS 1は、仮想通貨のハードウォレットが内臓されているブロックチェーンのために作られたスマートフォンだ。仮想通貨の所有ができるだけでなく、ユーザー自身が秘密鍵を所持しながら、利用することができる。

具体的な発売日は未定。価格は599ドル(約6万5000円)で販売される。購入者の先着500名は100ドル相当のバイナンスコイン(BNB)をもらえるという。

バイナンスは、本機種でセキュリティの高いハードウェアウォレットを利用し、スマートフォンのスピードと高い利便性を体験できると説明している。

バイナンスCZは、スマートフォンは仮想通貨業界で重要な役割を果たすと予想、標準装備でウォレットが搭載されているスマホが普及することが、業界のスケールに繋がると話した。

「スマートフォンの影響は重大で、より多くのユーザーに仮想通貨を普及させるツールになる。そのため、技術力のあるスマートフォンメーカーのほとんどが仮想通貨の利用を争っている。今回発表した新機種でユーザーはバイナンスチェーンとBinance DEXにいつでもアクセスでき、どこからでも仮想通貨や取引所を利用できるようになるだろう」

参考資料 : Binance

CoinPostの関連記事

バイナンスCEO、規制対応や法定通貨とヴィーナスの関係について語る=コインデスクインタビュー
仮想通貨取引所バイナンスのCEOがコインデスクのインタビューに応じ、規制対応や各政府との協力についての考え方、独自ステーブルコイン・ヴィーナスの普及方針について説明した。
セキュリティ企業CipherTrace、独自開発「バイナンスチェーン」のサポートを開始
仮想通貨取引所バイナンスが、セキュリティ企業CipherTraceのバイナンスチェーンサポート開始を発表した。機関投資家が安心して利用できる水準まで、マネロン対策レベルが向上したと説明している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら