XRP等仮想通貨裏付けのステーブルコイン誕生へ バイナンスのIEOプロジェクトが発行を計画

「Kava」 XRP裏付けのステーブルコインを計画

バイナンスにてIEOを行ったDifiプロジェクトのKava(カヴァ)は、同プロジェクトによるステーブルコインUSDXはロードマップの通り、XRPを含む仮想通貨を裏付け資産として対応する。公式SNSでユーザーの質問に返答した。

関連リップル社出資のDeFiプロジェクト 取引所バイナンスでIEO実施へ

Kavaプラットフォームの開発を行うKava LabsはKavaメインネットが稼働したことを正式に発表し、ユーザーからXRPを裏付け資産としたステーブルコインについて問われた際には、「KavaプロジェクトのステーブルコインUSDXに関しては、ロードマップの通りXRPおよび他の仮想通貨を裏付け資産として設計される」と答えた。

Kavaプロジェクトは先月にバイナンスのIEOプラットフォーム、Binance Launchpad上でIEO資金調達を行なった第10弾のプロジェクトだ。

現在DiFi(分散型金融)レンディングサービスの中で大きなシェアを獲得しているMakerはイーサリアム(ETH)とERC20基準のトークンでしか使えないという点に触れ、ほかのメジャーな仮想通貨(ビットコインやXRP等)の保有者がレンディングサービスを利用できるプラットフォームを構築しようとしている。

Kavaで、ユーザーは自分の保有するXRPやビットコイン、BNB等複数銘柄を担保とすることにより、ステーブルコインのUSDXを発行・引き出すことができる。

ロードマップによると、今年Q4内に最初のUSDXを発行する計画をしている。

Kavaプロジェクトのエコシステムのパートナーには米Rippleが名を連ねている。

出典:Kava project whitepaper

参考:Kavaホワイトペーパー

CoinPostの注目記事

仮想通貨取引所バイナンス、日本円を含む世界180ヶ国の法定通貨に対応 9ヶ月以内の実現目指す
仮想通貨取引所最大手のバイナンスは、取引サービスに世界中の全法定通貨に対応する計画を公表した。「今後6〜9ヶ月ほどで実現したい」CEOは話した。
「仮想通貨XRPを通じた巨額出資は単なる金銭支援ではなかった」リップル幹部が語るXpringの展望
リップル社投資部門幹部は、Xpringとしての展望を通じてXRPを利用するエコシステムの構築に言及。XRPやXRPレジャーを使用して開発を行う企業への巨額出資は、単なる金銭的な支援だけではなかったと振り返った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら