CoinPostで今最も読まれています

スケーラビリティ問題に終止符を:ILCoinはハードフォークを終了し、RIFTプロトコルを導入

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

RIFTプロトコル:エンタープライズへの大量導入に向けたブロックチェーンの準備

先日、ILCoin ブロックチェーンプロジェクトは、新しいRIFTプロトコルをリリースするためのハードフォークを正常に完了しました。11月末に大規模なスケーリング機能とブロックサイズ制限の改善(最大5GB)により、RIFTはブロックチェーンのスケーラビリティ問題に対する待望のソリューションをもたらします。

RIFTは、ブロックチェーン業界で最も重大な問題であるスケーラビリティに対処する、ILCoinの最も重要なプロジェクトの1つです。

スケーラビリティが優れたブロックチェーンプロジェクトはほとんどありません。時価総額で最大の仮想通貨であるビットコインも、ブロックサイズに1〜2MBの制限があり、ネットワークは1秒あたり最大7つのトランザクションしか処理できません。需要が絶えず増加しているため、ビットコインなどのスケーラビリティが低いブロックチェーンでは、エンタープライズユーザーのニーズを満たせません。

この問題を解決するために、ILCoinは2層のオンチェーンスケーリング手法を利用するRIFTプロトコルを設計しました。最初のレベルの標準ブロックと2番目のレベルのマイニングされないミニブロック、および2つのブロックタイプ間の同時同期により、RIFTはあらゆるタイプの大きなファイルのブロックチェーンへの保存と高速化を可能にします。

プロジェクトの目的

このプロジェクトの目的は、ブロックサイズの上限をなくすことではなく、ネットワークのデータ転送を最適化することでした。しかし、結果的に、RIFTはその両方を実現しました。

テスト結果が示したように、RIFTによりブロックサイズの制限を5GBに改善できます。さらに、トランザクションの重み、ブロック生成時間、またその他の要因にもよりますが、毎秒数百万のトランザクションを処理できる可能性があります。

RIFTはコマンドチェーンプロトコル(C2P)によってサポートされています。これは、ILCoinが今年初めにリリースした防御的な3ノードシステムであり、51%や量子攻撃など、ブロックチェーン業界で最も恐れられている脅威からネットワークを保護します。量子耐性について、Googleが量子技術を飛躍させ、量子コンピューターによるリスクが高まりましたが、RIFTはこれにも耐性があります。

日本がRIFTから得られる利益

日本は、イノベーションを促進する持続可能な規制の枠組みを備えた、ブロックチェーン採用のゴールドスタンダードであると、長年考えられてきました。RIFTは、その日本に新たなビジネスチャンスを生むでしょう。

「ブロックチェーンの影響は大きい。インターネットの出現ほど重要な発明だ」と日本の経済省は2015年に述べています。

それ以来、日本政府は多数のブロックチェーンプロジェクトに取り組んでいます。法務省と国土交通省のブロックチェーンを活用した土地および資産登録の中央リポジトリ、経済省のブロックチェーン取引プラットフォーム、ブロックチェーンベースの筑波オンライン投票システムなど、 RIFTのように堅牢で、高度にスケーラブルで、安全なソリューションを実装することでメリットが得られるプロジェクトは多くあります。

政府だけでなく、ソニーや富士通のような日本の大企業も、ブロックチェーン技術を積極的に研究しています。また、11月下旬のRIFTプロトコルのリリースにより、スケーラビリティの問題が間もなく過去のものになるため、大規模なブロックチェーンの採用が行われるでしょう。

分散型クラウドブロックチェーン(DCB)プラットフォームを選択

ILCoinは、RIFTの最初の事例として、分散型クラウドブロックチェーン(DCB)プラットフォームを選択しました。RIFTプロトコルによって搭載されるDCBは、完全に暗号化された環境での安全なオンチェーンデータストレージ、カスタマイズ可能なスマートコントラクト、デジタル通貨ウォレット、DAppコンストラクターなど、多数のB2BおよびB2Cソリューションを備えます。また、ILCをネイティブ仮想通貨として使用し、自然な方法でILCに付加価値を生成します。

現時点では、取引プラットフォームがILCの新しいコードを実装しているため、すべてのILCの入出金は停止されています。その後、だれでも新しいシステムを試験的に使用できるだけでなく、ILCoin Block Explorerツールを使用して5 GBブロックサイズの実在を確かめることができます。

ILCoinの最新情報は、ILCoinの公式ウェブサイト、またはILCoin開発チームのTelegramチャンネルをご覧下さい。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
16:50
Bybit、DEX「ApeX」を統合
海外の仮想通貨取引所Bybitは、分散型取引所ApeX Proのサポートを発表した。BybitのWeb3ゲートウェイ戦略の一環で、Bybitウォレットから同DEXへのアクセスが可能になった。
14:00
Yuga Labsら、BAYC販売をめぐって訴訟に直面
BAYCなど人気NFTを提供するYuga Labsらが米国で集団訴訟に直面している。訴状は、被告が著名人を使ったプロモーションで不適切な宣伝・販売を行っていたと申し立てている。
12:00
DEA、ゲームギルドのYGG SEAと提携
DEAは8日、世界最大のDAO型ゲーミングギルド「Yield Guild Games(YGG)」のサブDAOである東南アジア拠点のYield Guild Games Southeast Asia(YGG SEA)との提携を発表。GameFiの市場拡大・普及を目的に協業し、マーケティング・プロモーションなどの活動を行う。
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧