スケーラビリティ問題に終止符を:ILCoinはハードフォークを終了し、RIFTプロトコルを導入

RIFTプロトコル:エンタープライズへの大量導入に向けたブロックチェーンの準備

先日、ILCoin ブロックチェーンプロジェクトは、新しいRIFTプロトコルをリリースするためのハードフォークを正常に完了しました。11月末に大規模なスケーリング機能とブロックサイズ制限の改善(最大5GB)により、RIFTはブロックチェーンのスケーラビリティ問題に対する待望のソリューションをもたらします。

RIFTは、ブロックチェーン業界で最も重大な問題であるスケーラビリティに対処する、ILCoinの最も重要なプロジェクトの1つです。

スケーラビリティが優れたブロックチェーンプロジェクトはほとんどありません。時価総額で最大の仮想通貨であるビットコインも、ブロックサイズに1〜2MBの制限があり、ネットワークは1秒あたり最大7つのトランザクションしか処理できません。需要が絶えず増加しているため、ビットコインなどのスケーラビリティが低いブロックチェーンでは、エンタープライズユーザーのニーズを満たせません。

この問題を解決するために、ILCoinは2層のオンチェーンスケーリング手法を利用するRIFTプロトコルを設計しました。最初のレベルの標準ブロックと2番目のレベルのマイニングされないミニブロック、および2つのブロックタイプ間の同時同期により、RIFTはあらゆるタイプの大きなファイルのブロックチェーンへの保存と高速化を可能にします。

プロジェクトの目的

このプロジェクトの目的は、ブロックサイズの上限をなくすことではなく、ネットワークのデータ転送を最適化することでした。しかし、結果的に、RIFTはその両方を実現しました。

テスト結果が示したように、RIFTによりブロックサイズの制限を5GBに改善できます。さらに、トランザクションの重み、ブロック生成時間、またその他の要因にもよりますが、毎秒数百万のトランザクションを処理できる可能性があります。

RIFTはコマンドチェーンプロトコル(C2P)によってサポートされています。これは、ILCoinが今年初めにリリースした防御的な3ノードシステムであり、51%や量子攻撃など、ブロックチェーン業界で最も恐れられている脅威からネットワークを保護します。量子耐性について、Googleが量子技術を飛躍させ、量子コンピューターによるリスクが高まりましたが、RIFTはこれにも耐性があります。

日本がRIFTから得られる利益

日本は、イノベーションを促進する持続可能な規制の枠組みを備えた、ブロックチェーン採用のゴールドスタンダードであると、長年考えられてきました。RIFTは、その日本に新たなビジネスチャンスを生むでしょう。

「ブロックチェーンの影響は大きい。インターネットの出現ほど重要な発明だ」と日本の経済省は2015年に述べています。

それ以来、日本政府は多数のブロックチェーンプロジェクトに取り組んでいます。法務省と国土交通省のブロックチェーンを活用した土地および資産登録の中央リポジトリ、経済省のブロックチェーン取引プラットフォーム、ブロックチェーンベースの筑波オンライン投票システムなど、 RIFTのように堅牢で、高度にスケーラブルで、安全なソリューションを実装することでメリットが得られるプロジェクトは多くあります。

政府だけでなく、ソニーや富士通のような日本の大企業も、ブロックチェーン技術を積極的に研究しています。また、11月下旬のRIFTプロトコルのリリースにより、スケーラビリティの問題が間もなく過去のものになるため、大規模なブロックチェーンの採用が行われるでしょう。

分散型クラウドブロックチェーン(DCB)プラットフォームを選択

ILCoinは、RIFTの最初の事例として、分散型クラウドブロックチェーン(DCB)プラットフォームを選択しました。RIFTプロトコルによって搭載されるDCBは、完全に暗号化された環境での安全なオンチェーンデータストレージ、カスタマイズ可能なスマートコントラクト、デジタル通貨ウォレット、DAppコンストラクターなど、多数のB2BおよびB2Cソリューションを備えます。また、ILCをネイティブ仮想通貨として使用し、自然な方法でILCに付加価値を生成します。

現時点では、取引プラットフォームがILCの新しいコードを実装しているため、すべてのILCの入出金は停止されています。その後、だれでも新しいシステムを試験的に使用できるだけでなく、ILCoin Block Explorerツールを使用して5 GBブロックサイズの実在を確かめることができます。

ILCoinの最新情報は、ILCoinの公式ウェブサイト、またはILCoin開発チームのTelegramチャンネルをご覧下さい。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら