韓国大手仮想通貨取引所Bithumb、新たに2通貨を上場廃止

Bithumbで新たに上場廃止

韓国大手の仮想通貨取引所Bithumbは先週、2つの仮想通貨「SALT」と「AUTO」の上場を廃止していたことが分かった。先月の上場廃止を含めると、合計で5つの銘柄の上場廃止を行なったことになる。

今年8月にBithumbは公式で、現在上場されている全ての仮想通貨の再評価を毎月行うとしており、仮に同取引所の上場基準に満たさないと判断された仮想通貨は上場が廃止されることが決定していた。

上場廃止が決定された銘柄は、先週に廃止されたSALTとAUTOに加え、DACC、ROM、PSTがある。

同取引所の上場基準は公開されていないため、これら仮想通貨の上場廃止の明確な理由は明らかになっていない。ただ株式市場などの伝統的金融では、取引高や時価総額、ボラティリティなどのパフォーマンスの低下により廃止されるのが一般的だ。

先日Bithumbにより発表された公式文書で、AUTOとSALTを「Bithumb投資アラート仮想通貨指定ポリシー」に位置付けたことを伝えていた。

この「Bithumb投資アラート仮想通貨指定ポリシー」に振り分けられた場合、その仮想通貨には二ヶ月の期間が与えられ、その間にパフォーマンスの改善が見られない場合には上場の廃止が決定される。

現在は、そのリストに仮想通貨OCNが追加されており、パフォーマンスに向上が見られない限りは、SALTやAUTOと同様の決定が下されることが予想される。

CoinPostの関連記事

ナスダック出資の米仮想通貨取引所ErisX、17日より先物取引を開始
ウォール街の大手金融が出資するErisXは、17日から仮想通貨の先物取引を開始することをクライアント向けに公表した。銘柄などの詳細に関しては明らかではない。
フィスコ仮想通貨取引所、Zaifトークンなど8種類の入出金再開を延期
フィスコ(Zaif)仮想通貨取引所は16日、予定していたカウンターパーティートークンの入出金再開に関して、システム確認の都合上、(遅延)延期することを発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します