Bakktの差金決済ビットコイン先物、7日連続で1000BTC越え=ICEシンガポール

Bakktシンガポールの実績

シンガポールで新たに提供を開始したBakktの差金決済ビットコイン先物が、7日連続で1000BTCを超える出来高を記録していることがわかった。公式SNSで内容を報告した。

Bakktが新たに提供する現金決済BTC先物は、ICEシンガポールで12月9日より取り扱いを開始したもので、今週で2週目に突入したばかりだ。

この先物は米CMEが提供しているBTC先物と同様に、月間契約のみの提供で、ICEシンガポールを通じて、アジア圏の投資家を中心に取引が行われている。

1000BTCは、未だ小規模の取引出来高ではあるものの、9月に開始したBakktの現物決済先物取引と比較すると出だしは好調だ。

要因としては、過去7日間で見られたビットコイン市場のボラティリティも理由に挙がる。ビットコインは7300ドル台から6500ドル台を割ったのち、再び7400ドル台に急反発した。この期間に際し、Bakkt全体のBTC先物出来高が増加しており、取引が活発化した。

シンガポールをはじめ高い純資産を持つアジア投資家の市場拡大へ向けて動き出したBakktのビットコイン先物取引。日本も含めたアジア市場での新たな展開には今後も注目したい。

CoinPostの注目記事

米CME、ビットコインオプション取引の詳細を公開 取引開始は1月13日
ビットコイン先物に基づいたビットコインオプション取引を予定する米CMEが、BTCオプション取引の詳細を公開した。開始予定日を控えるなか、新たなオプション取引の情報が出揃った。
Bakkt、「現金決済BTC先物・BTCオプション」の詳細を公開 取引開始日は12月9日
Bakktは、12月9日に提供を控える「現金決済ビットコイン先物」と、「BTCオプション取引」の2つの仮想通貨関連商品について、詳細を明らかにした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用