米大手仮想通貨取引所Coinbase、独自ウォレットからdApps機能を削除

App Storeポリシーに準拠

米仮想通貨取引所コインベースが同社ウォレットアプリ「Coinbase wallet」から、dApps(分散型アプリケーション)のブラウジング機能をまもなく削除する予定であることを明らかにした。App Storeポリシーに準拠するためだという。

ユーザーは今後も、デスクトップ版のCoinbase Walletから、「WalletLink機能」を使ってdAppsにアクセスできる。CoinbaseのCEO Brian Armstrong氏はネット掲示板のreddit上で「Appleは、App StoreからdApps利用を排除しようとしているようだ。」と述べている。

The BlockはCoinbaseに対し、Coinbase Walletが違反している可能性のあるApp Storeポリシーの具体的な箇所について確認を求めた。回答が得られ次第、記事を更新する予定だ。

先週、別のdAppsブラウザサービスであるMetaMaskは、「GoogleがMetaMaskのAndroidクライアントを一時停止し、MetaMaskからの訴えを拒絶した」と発表している。

関連:米グーグル、仮想通貨ETHのMetaMaskをアプリストアから削除


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

著者

The Block

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。