中国セキュリティ企業、Google Chrome対応マルウェア「Ledge Secure」に警告

マルウェア「Ledge Secure」

中国のブロックチェーンセキュリティ企業「John Wick Security」は、Chromeに対応する拡張機能マルウェアLedge Secureに対する注意を呼びかけている。

中国の仮想通貨メディア「8BTC」の報道によると、Ledge Secureを使用していたユーザーから、仮想通貨の銀行印にあたる「秘密鍵」を盗み出す悪質なもので、これまでに1万6000ドル(170万円相当)の仮想通貨が盗難された。

Google Chromeは、当マルウェアを悪意あるものと認定してアプリストアから排除したが、John Wick Securityは、すでにインストールしたユーザーに対し、アンインストールするよう警告している。

参考:8BTC

CoinPostの注目記事

仮想通貨を要求するマルウェア被害、前年比60%減=Kasperskyレポート
セキュリティ企業のKasperskyによると1年間で、感染したパソコンでマイニングを行うマルウェアによる攻撃は去年に比べ半分以下と大きく減少した。
北朝鮮のハッカー集団、仮想通貨を狙ったmacOSのマルウェアを作成か=Bleeping Computer
仮想通貨取引のプラットフォームを名乗るサイトに、米アップル社のmacOSを標的にした新たなマルウェアが仕掛けられていることが分かった。北朝鮮国家が後援するハッカー集団ラザルスのものだと見られている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら