CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨リスクの仕組みから紐解く「コインチェック新サービスの重要ポイント」=LiskJapan寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

コインチェックの新サービスとLiskの投票の仕組みを徹底解説

仮想通貨取引所コインチェックは1月9日、仮想通貨Liskのステーキングサービスの提供を発表した。

仮想通貨取引所がLiskのステーキングサービスを採用する事例として世界初。キャピタルゲインが中心であった仮想通貨投資にLiskを保有するだけで資産が増えるインカムゲインという新たな価値を提供することになる。

預り資産であるLSKの一部を運用するというが、実際どのような仕組みなのか?本稿では、Liskプロジェクトと技術の動向を追う「Lisk Japan」が解説を行う。

コインチェックのLiskステーキングサービスの説明の前に、Liskとは何か、ステーキングサービスを理解する上での用語の説明を行う。

Liskとは

Liskは世界で最も一般的に使用されているプログラミング言語 “JavaScript” を開発言語とする、Max KordekとOliver Beddowsにより開発されたブロックチェーンアプリケーションプラットフォームだ。

フロントエンドはhtml5, css3, JavaScript 、バックエンドはJavaScript, node.jsで構築が可能。個人・企業におけるブロックチェーンの技術者不足を解消するだけでなく開発コストを低く押さえ、主力となるサービス開発に最大限のリソースとコストを集中させることができる。

Lisk自体はスマートコントラクトを持っていないが、Liskサイドチェーン上に設置する事が可能。

採用するアルゴリズムと承認の仕組み

ビットコインは、多くのマイニングマシンを利用した計算能力でブロックの承認権利を競う(特定の条件を満たすハッシュを探す問題を最初に解いたものに権利)PoW(プルーフ・オブ・ワーク)というコンセンサスアルゴリズムを採用している。

一方のLiskは、DPoS(デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)を採用している。

違いは、通貨保有者自身がブロックの承認者になるのではなく、サードパーティーに作業をアウトソースするための投票システムが備わっている。具体的には、通貨保有者の代わりに、ネットワークを維持するデリゲートに対して投票を行う投票制度がある。

この選出された人達をデリゲートと呼び、Liskの場合、投票数の上位101名がアクティブデリゲートと呼ばれブロック生成を行うことができるようになる。

このブロック生成を行うことをLiskではフォージング(鋳造)と呼び、新規発行されたLSKが報酬(フォージング報酬)としてデリゲートへ支払われる。デリゲートは受け取った報酬をノブリスオブリージュの精神に則り、自身へ投票してくれた投票者へ自主的に還元する仕組みだ。

後述するが、コインチェックは、ユーザーの資金を運用し、この投票を行うことで、報酬獲得(投票者からの還元)を目指すことになる。

その他のアルゴリズム比較

  • PoW(Proof of Work) : ビットコインに代表されるコンセンサスアルゴリズムでマイニングを行うマイナーが膨大な計算により取引情報の正当性を証明し承認し報酬を得る仕組み。
  • PoS(Proof of Stake) : 仮想通貨の保有量と保有期間に応じて取引の承認権を得て、報酬を得る仕組み。
  • PoI(Proof of Importance) : PoIは保有量と取引量、そして取引回数による貢献度をもとに取引の承認権を得て、報酬を得る仕組み。

vote(投票)とは(2020年1月9日現在)

voteとは上記で述べたデリゲートを選出するためにLSKトークン保有者がブロック生成を委任したい人を選出するために行う投票のこと。

PC版の公式ウォレットから投票を行うことができ、手数料が1LSKかかる。(1LSKにつき33人まで投票可能、最大101人まで)

投票することによりデリゲートから還元される報酬はvote報酬と呼ばれる。

コインチェックのLiskステーキングサービスについて

コインチェックはLSKを保有しているユーザーの預かり資産を利用しLiskデリゲートへの投票を実施、上記でも述べた仕組みを利用しvote報酬を得ることとなり、コインチェックはこの報酬をLSKを保有するユーザーの保有量に応じて付与する。

このサービスは報酬から手数料を差し引いたものをユーザーへ付与するもので、通常は自身が保有しているウォレットから手数料を支払い投票しvote報酬を受け取るが、この作業をコインチェックが代わりに行うことになる。

ステーキング報酬の付与はコインチェックの取引アカウントにて1日あたり平均10LSK以上保有、もしくは貸仮想通貨アカウントで貸出中ではないLSKを10LSK以上保有しているユーザーが対象。

一部専門的な内容があるvoteの機能を代理運用されるため、自身のウォレットにLSKを移動して投票しなくてもコインチェックに預けておくことで報酬を受け取れる、便利なサービスになる可能性がある。

一方で、可能性としているのは、コインチェックのvote先が投票数の上位101名のアクティブデリゲートに選ばれ、報酬が支払われた場合という、報酬を得られるポイントに一部条件があるためだ。

新DPoSについて

現在のLisk DPoSは、必ずしもエコシステムへの貢献度を反映するシステムになっておらず、デリゲートが固定的になっている状況がある。

デリゲートが固定されてしまうと、仮に悪意のあるデリゲートが存在し団結した場合、51% 攻撃が発生する可能性がある。(ネットワーク全体の51%を取られる)

51%攻撃とは悪意のあるグループまたは個人により、ネットワーク全体の採掘速度の 51%(50% 以上)を支配すること。

そのためできるだけ立候補したデリゲートが公平に選任されるようシステムを改善し、より安全でクリーンなDPoSへ変えようという動きがあり、これが新DPoSに相当する。

それでは、いくつかある案の中で有力なものについて現在のDPoSと比較してみる。

[承認作業に携わる人数]

(既存)アクティブデリゲート101名

(新) アクティブデリゲート101名に加え1000LSK以上保有しているスタンバイデリゲートの中から2名(都度ランダム選出)

[デリゲートランクを決める投票数(投票の重み)]

(既存)投票者の保有枚数

(新) 投票者が投票時にロックした枚数

※ロックは、既存DPoSにはなかった機能で、投票時に一定時間トークンのロックされる。

投票したデリゲートが不正を働くなどした場合はロック期間が延長。ここで取り上げた提案はLIP0022、及びLIP0023となり、他のDPoS提案(LIP)より優先されるべき事案となる。詳細については下記リンクを参考に。

LIP0022:参照

LIP0023:参照

この記事はLisk Japanによって寄稿されました。

Lisk Japanは「より簡単なブロックチェーンの構築」を目指すブロックチェーン・アプリケーション・プラットフォーム”Lisk”を普及させることを目的に発足されました。

ウェブサイトliskjapan.org

Twittertwitter.com/LiskJPN

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。
09:35
Aptos開発企業、マイクロソフトやSKテレコムなどと提携
アプトス・ラボが数社と共同で開発するAptos Ascendは、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォームだ。この製品はAzure OpenAI Serviceを使用する。
07:55
仮想通貨取引所バイナンス、ドバイで完全な事業ライセンス取得
バイナンスは昨年同局からMVPライセンスを取得したが、同ライセンスには3段階のプロセスがあり、今回は最終段階をクリアしたことになった。
07:20
「半減期後にBTC価格は下落する可能性」JPモルガン
半減期後に仮想通貨ビットコインの価格は下落する可能性があると、JPモルガンのアナリストは分析。17日のレポートで分析の根拠を説明している。
06:30
バイナンス、新たな仮想通貨ローンチパッド「メガドロップ」発表
最初に選ばれたプロジェクトは仮想通貨ビットコインのステーキングプラットフォーム「BounceBit」で、168,000,000 BBトークンがMegadropを通して配布される予定だ。
06:00
コインベース、ソラナミームコイン「WIF」の永久先物提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベース(およびインターナショナル取引所)は19日、ソラナ基盤のミームコイン「WIF」のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧