中国の旧正月まで1週間 過去の仮想通貨BTC価格推移と展望

控える春節、懸念される売り圧力

中国国内における一大イベントである春節(旧正月:1月25日)まで約1週間と目前に迫っている。春節では、現地の株式市場も休場となるなど、金融マーケットが消極的になるタイミングでもある。

この祝日によるマーケットへの影響は株式市場に限った話ではなく、ビットコイン市場でも注目される内容だ。

旧正月を祝う文化は、中国だけでなく、台湾、韓国、香港、シンガポール、タイ、マレーシアなど東南アジアも含めた地域で行われるため、影響を軽視できないこともその理由に挙がる。

一般的には、マーケットは旧正月を迎える前に下落を警戒すると指摘されている。理由は、株式市場でも往々にして見られる『連休前の手仕舞い売り』のほか、多くの支出を伴う祝日であることから、旅費やプレゼント代、お年玉(利是)を捻出するため、法定通貨への換金売りが発生する可能性が警戒されるためだ。

また過去2年の仮想通貨市場の状況は以下の通り、2018年・2019年ともに下落相場の中での春節時期突入となっている。

一方、この下落の流れを今年はマーケットが汲まないとする考えを示しているアナリストもいる。海外著名エコノミスト兼トレーダーのAlex Krüger氏は、春節下落説に否定的な予測を示した。

ビットコインを売却しプレゼントを購入するため、中国の旧正月がBTC価格に悪影響を与えると考える人は多くいる。

(中略)

歴史的なデータによれば、中国の旧正月でもパフォーマンスは悪化しないことを示している。

Krüger氏が示したデータによれば、春節前の一週間(執筆時にも該当)のリターン率を確認すると、最低でも-1.2%のパフォーマンスで、3日間平均では1.6%のプラスに。ましてや今週ではビットコインは計9%以上の上昇を記録している。

春節の期間内では、1日あたり平均0.6%高で推移したという。全体を通して、マイナス水準には至っていないとの試算だ。

一部では一週間前から収集されたデータでは不十分で、より長期間での統計が必要だとの声も上がっているが、少なくとも過去10年に渡り、旧正月を迎える直近の期間には大きな値動きが確認されていないことは、データで示されている。

あくまでも統計に基づいた推測であるため、旧正月に向け市場の動向にはしっかりと注視する姿勢が求められることに変わりはないだろう。

CoinPostの注目記事

中国政府関係者向けの仮想通貨読本が増刷へ「デジタル通貨は歴史的に避けられない」
中国で、仮想通貨案内書「デジタル通貨:指導者のための読本」が増刷されたことがわかった。中国政府関係者による、仮想通貨・暗号資産に対する関心継続を示唆している。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用