リップル社アラブ首長国連邦で注目/XRPもドバイ最大級の取引所に上場予定

ドバイでリップル社とXRPが注目される
ドバイの最大仮想通貨取引所であるBitOasisでは、XRPの取引が今週末から可能になる予定です。このニュースは、アラブ首長国連邦(以下、UAE)のRAKBANKがインドでのブロックチェーンの即時決済のためリップル社と提携したことに続いて、発表されました。
XRPを利用するxRapidの採用が本格化
MercuryFXでは数ヶ月で顧客の支払いにXRPを利用できると話しており、2018年よりリップル社がXRPのマーケティング戦略として重要視していく流れが加速するかもしれません

リップル社は仮想通貨業界に大きな影響を与えており、ネイティブ資産であるXRPは国際的に見ても高い需要を誇っています。

ドバイの最大仮想通貨取引所であるBitOasisでは、XRPの取引が今週末から可能になる予定です。

このニュースは、アラブ首長国連邦(以下、UAE)のRAKBANKがインドでのブロックチェーンの即時決済のためリップル社と提携したことに続いて、発表されました。

2018年は、ブロックチェーン企業であるリップル社及び、そのネイティブ資産であるXRPにとって確約された年になるのではないでしょうか。

BitOasisにXRPが追加されることは、リップルにとって大きな一歩となっています。

リップル社のネイティブデジタル資産は、今までにこれほど需要が高まったことはありませんでした。

ドバイの取引所は、この特定の資産をトレーダー達に提供するのに、今が最適であると見込んだのでしょう。

この新しい市場は、1月30日から解放され、顧客はAED電信送金または、UAE発行のクレジットカードにてXRPトークンを購入できるようになります。

BitOasisは、顧客に対しXRPの購入をより便利にするため、基準を引き上げる予定で、XRPは、ビットコイン及び、イーサリアムに続き、この取引所で取引される3つ目の通貨となります。

リップル社がUAEで躍進

BitOasisによると、顧客からのXRPのトレード及び、購入の需要が高まってきていると言います。

この取引所がその地域で最大級のプラットフォームであることを考慮すると、彼らは先駆者とならなければならないのです。

しかし、この後を他の企業が後追いしてくるかはまだ定かではありませんが、数ヶ月の間で同じように続く企業が出てくる可能性は充分にあり得ると考えられています。

リップル社の資産であるXRPも国際的需要は上昇してきていることが伺えます。

1月初頭にエミレーツNBD銀行にこのプラットフォームへの送金規制を掛けられたことを考慮するとBitOasisが息を吹き返してきているのは非常に良いことと言えます。

このポジティブなニュースは、リップルとUAEに限った話ではありません。

より具体的にいうと、UAEのRAKBANKもリップル社に関心を示しています。

この新しい提携により、両社がインドにてブロックチェーンを使用した即時決済を行います。

RippleNetとしても知られているリップル社のエコシステムは、多くのメリットを持ち合わせているのです。

インドのAxis銀行の顧客が、リアルタイムでの小売送金支払を行うことができるのは、興味深いことと言え、これが、リップル社が成し遂げようとしている事の一つでもあるのです。

国際支払の分野では、多くの変化が起きており、ブロックチェーンの使用は、産業での次なる論理的な変革となり得るでしょう。

RAKBANKは、インドのAxis銀行の顧客に対し、摩擦が少なく、迅速で、安全な送金方法を提供しようとしています。

この取り組みが成功したかどうかは時間のみが教えてくれるでしょう。

Axis銀行は、2018年1月にリップルと提携しており、国際送金の際にRippleNetを使用することも念頭に入れています。

Ripple Embraced by UAE-Based Banks and Cryptocurrency Exchanges

JP BUNTINX • JAN 29, 2018

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

今まで世界の銀行に注目されていたブロックチェーン国際送金技術。

リップル社もこの技術提供を目指す1社だが、今まで多くの提携に使われたリップル社の技術はXRPを使わないxCurrentの技術でした。

XRPを利用するxRapidを採用する企業は、メキシコのCuallixが最初になりますが、世界的な知名度には欠けていると言う話も多く会ったことも事実です。

しかし今年に入った後リップル社もxRapidの送金技術提供に力を入れ始めたことがわかります。

リップル社CEOも以下のように語っています。

 

『過去数カ月において、私は銀行や決済業者と話をしてきました。彼らは、確かにxRapid(リップルのXRP流動製品)を使用することを本格的に視野にいれています』

またこの時期にxRapidを採用する世界的な送金業社が発表されることを公言、大送金企業であるMoneyGramの提携に始まり、年間取引量5億ドルであるMercuryFXと通信プロバイダーであるIDTも参加して盛り上がりを見せています。

MoneyGram社、XRPを活用し決済迅速化へ
世界大手送金企業MoneyGram社がRipple社のxRapidを活用し、クロスボーダー決済の低コストかつ迅速化を目指します。XRPの活用によって多くの金融機関が長年抱えてきた流動性問題が解決するでしょう。

MercuryFXでは数ヶ月で顧客の支払いにXRPを利用できると話しており、2018年よりリップル社がXRPのマーケティング戦略として重要視していく流れが加速するかもしれません。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加