CoinPostで今最も読まれています

アナリスト:Tetherによるビットコイン価格の後ろ盾が真実なら80%近い下落の可能性も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Tetherに関する疑惑深まる
Tetherは監査企業であるFriedman LLPとの関係も”解消”、多くの疑惑の渦中にあるTetherにさらなる懸念点が浮上
Tetherがビットコインの価格を後ろ盾している真実は?
多くのアナリストは、もしビットコイン価格がTetherトークンによって人工的に肥大化されているのであれば、ビットコイン価格は80%程下落する可能性もあると言及しました。

アナリストは、もしTetherトークンがビットコイン価格を支えていることが本当である場合仮想通貨市場に”大不況”をもたらす可能性があると言います。

このTetherトークンの架空の産物である可能性は多くの注目を集めており、もしその報告が本当であると証明されれば、仮想通貨市場の歴史上最大のポンジ・スキームになるでしょう。

多くのアナリストは、もしビットコイン価格がTetherトークンによって人工的に肥大化されているのであれば、ビットコイン価格は80%程下落する可能性もあると言及しました。

監査機関との契約解消

さらに懸念されているのは、Tetherは監査企業であるFriedman LLPとの関係も”解消”したことです。

Tetherは、Bitfinexによって所有されており、この2社について有名な批評家であるBitfinex’edは、最近ブロガー達がBitfinexがThetherを”無から”発行し、ビットコイン価格を人工的に作り上げていると訴えていることに対する一連のツイート、ブログ、計画を投稿しました。

Tetherは、USドルに紐付けられている仮想通貨であるため、Tetherトークン(USDT)を発行するコストは、どの時点でもUSドルと同じ価格であるはずなのです。

現時点で、Tetherは銀行口座に投資家からの預金が$22億(約2400億円)あり、Tetherトークンと1:1の割合であると主張しています。

しかし、Bitfinex’edの一連の報告により、投資家達からの懸念は高まってきています。

“Attack of the 50 Foot Blockchain”の著者であるDavid Gerard氏は、

仮想通貨業界の全ての人々はTetherが実際に同等のドルを保有しているのかについて懸念しています。

と語り、アナリスト達は、このニュースが本当であると証明されれば、仮想通貨市場に”大不況”をもたらすのではないかと言及しています。

さらに、監査会社であるFreidmanとの最近の関係解消がさらなる懸念を引き起こしています。

この監査は、Tetherが実際に市場に出回っているUSDTトークンと同等のUSドルを口座に保有していることを証明する一つの方法でもあったため、かなりの懸念点となります。

Tetherの広報担当者は、Coindeskに対しEメールでFriedman LLPとの関係解消の主旨を述べました。

文中では、

Friedmanとの関係が解消されたのは事実です。Friedmanが比較的単純な貸借対照表に対して、非常に難儀で徹底的に詳細な手順を実行していたことから、期間内に実行不可能であると判断し、今回の解消に至りました。

と記述されています。

さらに、広報担当者は、以下の様に追記しました。

「Tetherはこのような過程で、透明性を確立する史上初の企業であることから、その過程の前例がなく、成功の尺度を測る基準も無いのです。」

多くのテザーに対する懐疑的な声

さらに、Tetherのトークンの発行に対して多くの懐疑的な声も挙がってきています。

Tetherは、約5000万~1億USDT という大量のTetherトークンを一度に発行したため、どのような投資家達がそのトークンを購入しているのかと疑問になっています。

2017年にBitfinexは複数の銀行との関係が悪化したことから、取引所の資金の入出金の多くはTetherに依存しています。

このことからもTetherは、USドルと同等以上のトークンを発行し、それをBitfinexに流しているのでは無いかと考えられているのです。

先週出された”Tetherの影響を数量化する”という名前での匿名の報告書によると、

「Tetherが本来のビジネスモデルによって成長しているとは考えにくく、市場の状況に応じてTetherが発行されているように感じます。Tetherの発行は市場を明らかに変動させます。」

と記述されました。

さらに

ビットコイン価格の48.8%の上昇は、91回にわたる新規Tether発行直後の二時間以内に起こっているされBitfinexのウォレットに到着した2時間後に起こりました。Bitfinexの引き出し及び、預金のデータは、異常であり、一般的な会計環境から見るとさらなる細密な調査が必要であると言えます。もし、懐疑的な行為が行われているとしたら、30~80%のビットコインの下落が予想されています。」

と追記しました。

最近、Tetherトークンに関する懐疑的な行為に対しての懸念が高まりつつあります。

カルフォルニア大学Berkeley校の国際コンピュータサイエンス機関の教授であるNicholas Weaver氏によると、Tetherが投資家達の信用の獲得に失敗し、その価値を保つことができなくなると、仮想通貨市場は”大不況”に陥る可能性があると語りました。

「現時点で新規ビットコインがその価格を保つのに、$1800万(約20億円)の新規ドルが流入する必要があります。しかし、現在1日に$1億(約108億円)の虚像のドルがTetherによって流入していることを考慮すると、Tetherがその発行力を失った場合、仮想通貨の価格は大暴落すると考えられています。」

とツイートしました。

Tether Says That Its Relationship with Auditor Friedman LLP Has ‘Dissolved’

Jan 29, 2018 by Bhushan Akolkar

参考記事はこちらから
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア