米コインベースが仮想通貨証拠金取引を再開 レバレッジ3倍に

米コインベースが証拠金取引を再開

米大手仮想通貨取引所コインベースは12日、ユーザーを限定して証拠金取引を再開。レバレッジは最大で3倍に設定した。

コインベースは、イーサリアム(ETH)の価格が急落した後、2017年に証拠金取引を中止した経緯がある。

本サービスでは個人トレーダーの場合、プロトレーダー向け取引所「Coinbase Pro」に対応する米国23州に限定されている。また、43州および9ヶ国の地域にいる機関投資家にもこのサービスを提供する。

証拠金取引が再開され、利用者は3倍までのレバレッジを利用して取引が可能になった。(先物取引と異なり、信用取引の場合は基本2倍〜5倍)

コインベースのCOOは昨年5月、証拠金取引は次の大きなステップだと語っていた。米国は仮想通貨取引所に関する連邦法律がなく、既存の証券取引所のように規制されていないため、規制面を重視する同取引所は証拠金取引を行っていなかった。

しかし現在は、証拠金取引の商品を強化するため各州の規制機関とも調整しており、清算の管理を行う新たなチームも設立した。

証拠金取引はコインベースにとって、市場占有率をアップさせるきっかけになるかもしれない。以下のグラフ(TheBlockより)は現物取引の市場占有率を表したものだが、昨年7月以降、下落傾向にある。2019年の出来高も、2018年と比較して19.2%減少した。

なお米国においては、KrakenとBitfinexは5倍のレバレッジ上限で信用取引を提供している。

出典:The Block

参考:Coinbase

CoinPostの注目記事

【仮想通貨メディア共同声明】金融庁施行予定のレバレッジ倍率規制案等における署名支援のお願い
仮想通貨メディア共同声明ー金融庁施行予定のレバレッジ倍率規制案等における署名支援のお願い。国内仮想通貨業界発展のため、署名運動にご協力をお願いいたします。
Coinbaseの仮想通貨カストディ、預かり資産額が8700億円規模に 欧州にも拠点拡大
コインベース・カストディの預かり資産が80億ドルに到達した。欧州にも拠点を拡大、円滑なコンプライアンスやステーキングサービスの拡大を図る。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。