米大統領選最有力候補者、仮想通貨の資金調達や税制の整備を宣言

米大統領選最有力候補の仮想通貨規制整備提案

米大統領選候補者のMichael Bloomberg(ブルームバーグ)は仮想通貨に関連する規制を整備する金融改革案を発表した。

2020年に行われる米大統領選の民主党最有力候補者の一人であるBloombergは18日、金融改革案を公表。米国の金融システムや顧客保護が盛り込まれた提案中には仮想通貨の法整備についても明記されている

仮想通貨に関連する規制整備に関し、以下のように述べている。

仮想通貨市場は数十兆円の規模になったのに対し、規制はまだ初歩的なもので十分に整備されていない。ブロックチェーンやビットコイン、ICO(仮想通貨資金調達)には将来性があるが、詐欺や違法行為も頻発しているのが事実だ。

提案には、ICOのフレームワークを設け投資家保護を行うことや仮想通貨税制を整備することが組み込まれている。

民主党大統領選候補者による仮想通貨に関する提案は、過去にEric Swalwell氏とAndrew Yang氏も行っていた。しかしながら、両者はすでに指名争いから撤退している。

Bloombergとは正反対に、現職大統領のトランプは仮想通貨に対しては批判的なスタンスをとっている。昨年、「私はビットコインなど仮想通貨の支持者ではない。お金ではなく価格が不安定な上、資産価値の裏付けも無いに等しい」などの発言を行なった。

また、トランプ政権は先週発表した2021年度予算教書で、仮想通貨の監視を強化するため、シークレットサービスを財務省管轄下に編入することも提案した。

CoinPostの注目記事

仮想通貨に3年の規制猶予 米SEC理事が提案
米SECのPeirceコミッショナーは、仮想通貨やトークンの販売に3年間の規制猶予期間を設ける必要性を強調。「セーフハーバー・ルール」の策定を提案した。発行企業に寛容性を与える狙いだ。
米トランプ政権、仮想通貨捜査で組織再編成を提案ー21年度予算教書
米国トランプ政権の2021年度予算教書が発表され、仮想通貨の監視を強化するため、シークレットサービスを財務省管轄下に編入することを提案していることが分かった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

著者

Yilun Cheng

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。