ビットコイン暴落で全面安も、テゾスやリンクが逆行高|仮想通貨市況

仮想通貨市況

仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比5.19%安の95.8万円に。 9200-9300ドルのサポートラインと9,000ドルの心理的節目を割り込み、ロスカット連鎖で投げが加速した。

世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所「BitMEX」では、約16,000BTC(165億円相当)のロングポジションがロスカット。

関連:仮想通貨ビットコインで大規模ロスカット BitMEXで今年最大規模

急落局面で、溜まっていた未決済建玉(OI)も大幅減少、需給調整されたことが分かる。

現在は、下値支持線で反発している状況であるが、引き続き予断は許さない。その一方で、短期的には売りが過熱しており、4hRSIは年初来最低値の20%未満まで急落。これは昨年12月にBTC=6500ドルを付けた直近最安値のデータに匹敵、bitFlyerのスポット乖離も数日前まで5%台だったものが1%台まで急縮小するなど、年初の”上昇トレンド転換前水準”まで下げている。

国内に上場するメジャーアルトも全面安となった。

出典:コインチェック

リスク、テゾス、チェインリンクが逆行高

ビットコイン(BTC)の暴落で、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など、CMCの時価総額TOP20銘柄が軒並み5-10%下げるなど全面安となるなか、リスクに加え、テゾスとチェインリンクが逆行高に。

リスク(LSK)は、バイナンスでステーキングサービスが発表されたことが材料視された。1LSK保有でステーキングに参加できる。

Liskのステーキングサービスは、国内取引所コインチェックが世界で初めて導入に踏み切った(β版)ことで、年初からの高騰を招いた経緯がある。コインチェックでは、取引所の預り資産を利用してデリゲート投票を実施しており、獲得した報酬から手数料を差し引いたものをユーザーに分配している。

分散型のオラクルネットワークプロジェクトChainlink(LINK)は、Smart Oracleなどの技術を使用したシステム開発を行うSmartContract社が、コーネル大学やUCバークレーなどの教員が主導するブロックチェーン研究機関「IC3」と協力して開発。過去には、SmartContract社とSWIFTが、Chainlinkを使ったブロックチェーン実証実験で成功を収めている。

昨年10月には「trusted computing」のフレームワークを発表。IntelやHyperledgerが協賛企業に挙がったことで急騰するなど、注目度が高まった。

発表されたフレームワークは、ブロックチェーン上での一部計算をオフチェーン上で実行することでトランザクション軽量化を図るほか、計算結果をChainlink oracle経由でブロックチェーンに渡すことでパブリックブロックチェーンの課題であるプライバシー問題も解決するものだ。

これらの課題は、今まで企業がブロックチェーンを利用するのを踏み止まる要因として指摘されており、新たな解決策により企業の需要が促進されると見られる。

Chainlinkの新フレームワーク発表で、仮想通貨LINKが高騰 協賛にIntelなど
仮想通貨Chainlinkが8日、「trusted computing」の新たなフレームワークを発表した。協賛企業としてIntelやHyperledgerが挙げられ、発表後LINKが急騰した。

さらに昨日、異なるブロックチェーン(仮想通貨)間の相互運用性を図る大型プロジェクトPolkadotが、仮想通貨Chainlinkのデータベース管理システムである「オラクル」機能の統合を発表。分散型金融(DeFi)や分散型アプリ(dApps)のポテンシャルが広がることが期待されるなど、着実に歩を進めていることが市場に好感された。

バイナンスリサーチが先月末発表した「仮想通貨間のリターン相関率」によれば、最もビットコイン(BTC)との相関が強いのは、先行指標として意識されるイーサリアム(ETH)の相関係数0.86に対し、最も低いのはChainlink(LINK)の0.35、Tezos(XTZ)の0.36となっており、後者は独立した値動きが認められる。(下図)

リターンの相関

アムステルダム証券トレーダーCrypto Michaëlは、LINKとXTZの逆行高について以下のような見立てを示している。

「LINKとXTZの値動きは、潜在的な市場の強さを示唆している。 2016〜2017年にも、いくつかのリトレースメント(綾戻し)が行われた後、強いバウンスが発生した。強気トレンドの過程には、ディップで押し目を作る機会が存在するが、これはその一つかも知れない。」

TD Sequential RED9再点灯

海外アナリストCryptoHamsterは、Another TD Sequentialで「RED9」が点灯したことに言及した。

TD Sequentialは、米国の著名アナリスト「トム・デーマク」が開発したインジケーターの1つで、トレンドサイクルの転換点を掴むためのものとされている。

その信頼性はまだ確立し切れていないが、別の海外トレーダーCryptoISO (@crypto_iso)は、4時間足のインジケーターとしてはTD Sequentialにおけるシグナル『9』は信頼性が高いと評価する。

関連:ビットコイン大幅反発、海外投資家が着目していた買いシグナル『赤の9』とは

CoinPostの関連記事

仮想通貨ビットコインで大規模ロスカット BitMEXで今年最大規模
仮想通貨市場の下落を受け、BitMEXのビットコインデリバティブ取引で15,818 BTC、金額にして165億円相当のロングポジションがロスカットされたことがわかった。
速報 仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判 リップル社の申立てに対し新展開
仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判は新たな展開を迎えた。裁判官は26日に、いわゆる「一部受付・一部棄却」という判断を下した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します