ビットコイン続落も、ハッシュレート1.3億TH/sまで大幅上昇|仮想通貨市況

仮想通貨市況

コロナショックに伴う株式市場の暴落で、「追証回避や現物買いの資金捻出で、仮想通貨を含むリスク資産全般が投げ売られている」との懸念が強まっている。東京株式市場は先週、値下がり幅が2,000円を超えたほか、2月27日のニューヨーク市場も1,190ドルと過去最大の下げ幅に。国際金融の中心地が大きく揺れたこともあり、世界的な株安連鎖を招いた。

背景には、欧米圏での感染拡大や、中国市場と関係値の深いアップルなど主力銘柄の業績悪化が明確になったことが挙げられる。中国景況感を示す同国内における製造業の購買担当者景気指数(PMI)は2月、リーマン・ショック時を下回る過去最悪の35.7を記録した。

連邦準備制度理事会(FRB)は新型コロナウイルスの影響への対策として、3月にも利下げを行う可能性を示唆している。The Blockの調査は、FRBによる過去3回の利下げにおけるビットコイン(BTC)のパフォーマンスから、ビットコインが安全資産ではないことを示している。

2019年、FRBは3回の利下げを行い、現在は年1.75%となっている。The Blockの調査では3回の利下げ時にビットコインの価格に目立った上昇は見られず、むしろ利下げ後1週間、1ヶ月および3ヶ月のリターンの中央値はそれぞれ-5.0%、-20.9%、-11.0%となっていた。

マクロの変動期にFRBが介入して金利を下げることは一般的に、リスク資産と金のようなインフレを起こさない資産にとってプラスの影響を与え、ビットコインも含まれると見なされることが多い。

関連ドイツ銀行幹部「米国の利下げはビットコイン(BTC)市場にとってポジティブ要因」

FRBによる利下げでビットコイン反発を予想するアナリストもいるが、The Blockの調査では、利下げ局面とビットコインの値動きは相関は認められない。

ビットコイン(BTC)価格推移

コロナショックに伴う金融・経済の混乱を背景に、2月中旬より調整局面入りしていたビットコイン(BTC)価格の大幅下落を後押したしたとの見方も強い。

bitFlyerにおけるbitFlyer LightningのSFD発動も重なり出来高減少したことも、相場の重しとなったものと考えられる。

年初から約4,000ドル上昇したビットコイン(BTC)は、高値10,500ドルから半値戻しの8,400ドルまで下げたものの、直近節目では揉み合う展開が増加するなど、売り方の利確水準にあることを示唆している。

オシレーター系指標では、4hRSI、及びMACDでダイバージェンス(逆行現象)が確認されるなど”トレンド”の弱まりを示すほか、8200-8400ドル付近の下値支持線も意識されやすい。

一方、株式市場の先行き不透明感は当面続くものと思われるほか、BTCは週足で大陰線を付けており、強い下げ圧力も垣間見えることから、さらなる続落にも注意が必要だ。

海外アナリストのJosh Ragerは、ビットコイン(BTC)価格の潜在的なボトムに言及。

可視範囲出来高を用いた上、CME BTCチャートにおける直近相場の「Point of control(最も出来高合計値の大きい価格帯)」は8,160ドルにあると言及。昨年はボリュームエリアの6,400ドル前後で反転上昇した。週足が8,160ドルを超えずに、7,800ドルまで下落しないよう注視すべきとした。

ハッシュレート(採掘速度)動向

ハッシュレート(採掘速度)は、ビットコイン(BTC)などPoW通貨をマイニングをする際の「秒間計算力」を示すものであるが、今回新型コロナウイルス感染拡大の影響で中国拠点の一部マイナーの活動が一時停滞してたことも、市場不安のトリガーとなったことが指摘されている。

マイニングにおけるハッシュレート推移は、ビットコインネットワークの採掘状況や、関連企業の動向を知る貴重なデータとして、ビットコイン価格と比例した推移を見せてきた。2018年9月には、市場急落とともに中小マイナーの撤退が影響し大きく下落、相場と相互作用する形で、BTC相場の下落要因に挙がっていた。

先日のビットコイン(BTC)高騰時には、ハッシュレート最高値更新の影響で隔週で実施される「難易度調整」も増加傾向にあったが、先月25日の難易度調整では、約2ヶ月ぶりマイナスへ転じていた。

出典:Difficulty – BTC.com

ところが、3月1日のハッシュレートは再び急上昇、1.3億TH/sに達したことが確認された。半減期相場に向けて、依然として大口マイナーは強気であることのシグナルと言える。

出典:blockchain.com

先月中旬には、中国の大手マイニングマシン製造企業MicroBTが、マイニングマシンの生産を再開したことがわかった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、1月より一時的に停止していた生産・出荷業務を再開する。

新型コロナウイルスによる実体経済への影響は、中国市場が主要マーケットになる仮想通貨マイニングへの多大な影響が懸念されていたポイントだ。

ハッシュレートでみても、価格が上昇し、半減期需要がある現在のタイミングで、上値を重くするなど、データからも実影響が懸念されていた。

先日のハッシュレート低下要因としては、マイニングの稼働を強制的に止められた事例などが指摘されていた。大手マイニング業者BTC.topの江卓尔CEOは、「中国政府がコロナウイルス防止対策を取るため、マイニングファームの業務を警察側に強制的に停止された」ことなどを報告している。

CoinPostの関連記事

「半減期と仮想通貨ビットコインの高騰」なぜ一緒に語られる? ストック・フロー比率から算出する理論価格を用いて解説
ビットコインは2020年5月に半減期を控える。歴史的には半減期経過後、BTC価格が大幅な上昇を記録しているが、その要因となる「ストック・フロー比率(S2F)」を用いて、その関係性を解説する。
米国株の記録的な下落も「押し目買いは危険」 ゴールドマンとシティが警告 仮想通貨投資家の動向は
新型肺炎(コロナウイルス)感染拡大を警戒した売りによって、今週のダウ平均株価の下落率は12%を超え、2008年のリーマンショック直後以来の大幅な下落を記録。ゴールドマンやシティは顧客向けレポートで現時点での押し目買いに警鐘を鳴らしている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します