仮想通貨取引所Huobi Global、独自のDeFiブロックチェーンテストネットを始動

Z

Huobiチェーンのテストネット公開

大手仮想通貨取引所Huobi Globalが、2月29日にオープンソースの分散型金融(DeFi)ブロックチェーンである「Huobiチェーン」のテストネット開始を発表した。

Huobiチェーンには、規制当局と企業の両方をサポートする柔軟なガバナンスモデルが組み込まれている。PoSコンセンサスに基づいて、規制当局は独自の規制ノードを通じて分散型台帳の監視を行うことができるという。

分散識別システム(DID)を使用すると、ユーザーは複数の司法管轄区の規制当局が検証できるIDプロファイルを作成することも可能だ。

また、銀行などの金融企業は、Huobiチェーンを使用して、マネーロンダリング防止(AML)および顧客身元確認(KYC)のコンプライアンスをチェーン自体に組み込んだDeFiアプリケーションを開発できるようになるという。

チェーンの構造は、金融サービスに伴う大量のトランザクションを処理できるように設計されており、独自の資産管理機能により、様々な仮想通貨のブロックチェーンを横断した、相互運用性も可能になる、と説明している。

さらにユーザーが展開するスマートコントラクトやサードパーティのサイドチェーンもサポートし、さまざまな集中型および分散型ネットワークと相互作用することができる。

Huobiチェーンはクロスチェーンのカストディ機能も備えており、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を含む幾つかの仮想通貨に対応し、他の銘柄のサポートは今後追加される予定だ。なお、独自のHuobiトークン(HT)はネットワークのネイティブトークンとして稼働する。

*メインネットは、今年中にローンチすると見込まれる。

参考:Huobi

CoinPostの注目記事

中国大手仮想通貨取引所OKEx、分散型取引所をテスト公開 OKB高騰要因に
中華系大手仮想通貨取引所OKExが、分散型取引所「OKEx DEX」をテストモードでローンチした。まずはフィードバックを収集し、基盤となるOKChainのメインネットの稼働を目指す。
bZxの被害額に保険 DeFi保険プロジェクト、初の補償を実施へ
攻撃を受けたDeFiプロジェクトのbZxの事例に関して、DeFiプロジェクトのための保険プロジェクト「Nexus Mutual」が補償の実施を決定したことがわかった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します