中華大手OKEx、仮想通貨のC2Cローンを提供開始

OKEx、P2Pローン機能を追加

中華系大手仮想通貨取引所OKExはスマホのアプリで、C2C(ピアツーピア)ローン機能を開始した。

現在サポートする担保資産はビットコイン(BTC)、ローン資産はテザー(USDT)。今後、より多くの仮想通貨をサポートする予定だ。

C2Cローンでは、借り手には幾つもの選択肢が用意されていることで、ビットコインの担保量、1日の金利、ローン期間を自ら選ぶことが可能。借り手がローンのための広告を掲載するほか、貸し手側が適切なローン広告を選択し、所有するUSDTを貸すことができると、説明されている。

債務不履行の防止機能も実装

通常のローンと同様に、C2Cローンサービスには債務不履行になるリスクもあるが、OKExは予防機能を導入。担保資産の価値が決められた水準を下回ると、借り手に担保を増やす必要があることを知らせるメッセージが送信される。借り手が担保を追加しない場合、価格が下限に達するとプラットフォーム側はポジションを清算する。

参考:OKEx公式

CoinPostの注目記事

ビットコイン大暴落で数億ドルの「マージンコール」発生、大手仮想通貨ローン企業で
ビットコインの歴史的急落に伴い、仮想通貨を担保とするローンで大規模なマージンコールが発生。MakerDAOはETH暴落で一時緊急閉鎖まで迫られた。
大手仮想通貨レンディングBlockFi、ビットコインとイーサリアムの利率を大幅に引き上げ
大手仮想通貨レンディングサービスBlockFiは、4月1日よりビットコインイーサリアムのレンディング金利を引き上げる予定だ。伝統金利が0に近づく一方で、BlockFiは需要を見いだす。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用