現物ゴールド、世界的に供給不足へ コロナ拡大で投資家の需要が急増

現物のゴールドが不足

新型コロナウイルスの感染拡大によるサプライチェーンの停滞と需要の急増が原因で、世界的に現物のゴールド(金)が不足していることが分かった。

経済危機の影響でゴールドの価格は、仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)や米国の代表的な株価指数S&P500などと共に下落傾向にあったが、米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和を当面無制限とすると決定したことなどの刺激策を受け、上昇に転じている。

2008年の金融危機の際、ゴールドの価格は20%下落したが、FRBが経済支援策を発表した後にいち早く回復。ゴールドを安全資産をする見方が強まった。現在はその時期と同様の動きを見せているという。

出典:The Block

投資家がFRBの対応を好感し、安全資産のゴールドを買う動きが高まってきた一方で、大規模なゴールド精製所は、コロナウイルスの感染を止めるために一時的閉鎖を強いられている。供給に問題が発生している現状も、投資家のゴールドに対するセンチメントを強気にさせている。

また、BTCの価格はこの10カ月間、ゴールドの価格と非常に強い相関性を示していることが分かった。以下のグラフが、BTCとゴールドの相関性を示したグラフだ。

出典:The Block

一方、ゴールドの供給不足によって、テザーゴールドやPAXゴールドといった金に裏付けられるステーブルコインの新規発行にも影響すると懸念される。

CoinPostの注目記事

「仮想通貨ビットコインと金は団結すべき」ゴールド業界側から要請=GoldMoney CEO
貴金属に特化した資産運用サービス大手GoldMoneyのセバッグCEOが、仮想通貨ビットコインと貴金属のコミュニティが団結する必要があると主張したことが分かった。
仮想通貨ビットコインを「リーマン危機後のゴールド」と比較=投資企業幹部
BlockTowerCapital社の幹部Ari Paul氏が、各国中央銀行の経済対策が最終的にビットコインの強気相場に繋がるとしたノボグラッツ氏の見方に同意。リーマン危機後のゴールドの値動きと比較した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

著者

RYAN TODD

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら