仮想通貨取引所コインベースのコマース部門、2億ドルの取引総額

コインベースコマースの取引総額

米最大手仮想通貨(暗号資産)取引所コインベースの小売決済部門『コインベースコマース』はサービスローンチ以来、計2億ドルほどの取引を処理してきた。Coindeskの取材で明かされた。

2018年2月にローンチして以来、取引量が続伸。2019年5月に発表された総額では5000万ドルほどだったが、最新の総額はそれの3倍となる。

コインベースコマースは複数のオンライン小売企業に対応。ビットコインやイーサリアムのほか、USDCやDaiといったステーブルコインも支払いに利用できる。

CoinPostの注目記事

仮想通貨決済企業Pundi Xの規制適用を免除 シンガポール中銀が認可
ブロックチェーンを活用した決済ソリューションを提供するPundi Xが、シンガポール通貨庁から規制免除の認可を受けた。規制の施行から半年間、ライセンスを取得しなくてもサービスを継続できる。
Google Payで仮想通貨決済 コインベースのVisaカードが対応
米大手仮想通貨取引所コインベースの「Coinbase Card」が、Google Payで利用できるようになった。徐々に利用可能な国や銘柄も増やし、サービスの充実を図っている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。