CoinPostで今最も読まれています

クレイグ・ライトの持論、ビットコインの「財産権違法性」とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインに対する法的措置の可能性を警告

サトシ・ナカモトを自称するオーストラリアの科学者クレイグ・ライトはビットコインに対する新たな指摘を行なった。

BTCの高速送金ネットワーク『ライトニングネットワーク』の欠陥を指摘しつつ、「盗まれた」ビットコインを扱うことにつながる行為として、ネットワーク凍結のような法的措置も免れないと、自身ブログで主張。マイナーも同様に盗難法の対象になると発言し、「2020年は法律がビットコインとそのコピー全てに適用される年になる」と警告した。

ライトは、まず『Segwit』はライトニングネットワーク(LN)を作成するため、ビットコインの財産(property)としての特性を基盤としたトークンシステムを、アカウントを基盤としたシステムに変更する手段として導入されたものだとしている。

LNは個々のトークン基盤ではなく、アカウントの残高を基盤としたシステムを構築するため、法的にも異なった扱いを受けることになると指摘。LNはビットコインのシードベースとしては機能せず、そしてブロックチェーンからビットコインの『財産権』を削除することが不可能だと論じた。

「盗まれた」BTCとマイナーに対する法的措置

ライトの定義によると、法的に認められた顧客確認のプロセス(KYC)を介さずに購入されたビットコインは、事実上は「盗まれたビットコイン」になる。このように、やや極端とも思える前提に基づき、ライトは次の議論を展開している。

「盗まれたビットコイン」を処理するLNでは、様々な問題が起こると想定できる。

  • LNのペイメントチャネルの利用者は、「正当な権利」を得られない(盗品であるため)
  • 世界中で盗難は犯罪であると認知されており、英国を例にとると、あらゆるコインの移動を阻止する凍結措置も可能。
  • ブロック生成に不可欠なマイナーも、犯罪を犯すことになるため、凍結されたビットコインには手を出してはいけない。
  • 「盗まれたビットコイン」を受け取るマイナーやマイニング企業は、盗品を処理しているとみなされ、法執行機関による処分の対象となる。
  • 「盗まれたビットコイン」を扱った取引所には、賠償責任が発生する
  •   
  • 最終的にはマイナーや取引所が司法命令に従うことになる。

一方、ライト氏が指摘したようなビットコインの所有権に特化した現行法は、実際には存在しない。(中国などではビットコインをバーチャル財産とみなす。)

仮想通貨やテクノロジー関連の案件を扱う弁護士のPreston J. Byrneは、誰にでもアクセス可能な「盗まれたビットコインのブラックリスト」のような、法的に認められた登録システムが存在していない現時点では、ライトの主張は「絵に描いた餅」のようなものだと反論した。

参考:Craig Wright

CoinPostの注目記事

サトシ・ナカモトを自称するクレイグ・ライト「裁判所命令でビットコインの強制押収は可能」
ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」を自称するクレイグ・ライト氏は、裁判所が強制的に仮想通貨ビットコインを押収することができるようになると主張した。
クレイグ・ライト氏、110万BTCの鍵を入手 裁判の提出書類で判明
クレイグ・ライト氏が、裁判で所有権が争われている合計で110万BTCのマイニング報酬へアクセスするための鍵を入手したことが分かった。仮想通貨ビットコインSVの高騰にも影響か。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧