「米仮想通貨企業には不備がある」FATFが調査報告書を公表

FATFが報告書を公表

マネーロンダリング対策(AML)やテロ資金供与対策(CFT)を審査する金融活動作業部会(FATF)が、米国は仮想通貨(暗号資産)に関して推奨されたルールに完全には準拠していないと判断したことが分かった。

先月31日に発表した報告書の中で、米国には小さな不備が残されていると説明。具体例例として、米企業は3000ドル(約32万円)以上の取引しか詳細な記録を残していないと述べている。

FATFが推奨している基準は1000ドル(約10万円)以上。3000ドルではAMLとCFTには充分ではないと指摘した。

一方、結果としては、2014年からCVC(convertible virtual currencies)を取り扱う全企業の内30%しか調査できていないため、米企業が充分にリスク対策を講じているか正確な判断はできていないと付け加えた。(CVCとは:法定通貨と代替でき、規制が整備されていない仮想通貨)

FATFは審査対象国を「準拠している」、「ほとんど準拠できている」、「一部しか準拠できていない」、「準拠していない」の4段階で評価しており、米国の仮想通貨企業に対しては、不備があると指摘しつつも、以前と変わらず「ほとんど準拠できている」と判断した

なおFATFは、米国以外の国に対する評価も更新して発表したが、今回は日本の状況は含まれていない。

CoinPostの注目記事

カナダ金融監督機関、仮想通貨の規制強化に本腰 FATFのレビュー対策へ
カナダの金融監督機関FINTRACが、2020年から2021年までの計画を発表。仮想通貨に対する規制強化へ本格的に動き出した。
仮想通貨取引所バイナンス、FATF規制対応で分散型データ企業と提携
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは、FATFのトラベル・ルールを遵守するために、データソリューション企業Shyft Networkとの提携を発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。