お金として利用できる仮想通貨「今後誕生する可能性はある」=英中銀アナリスト

CBDCのオンラインセミナーを開催

英中央銀行のイングランド銀行(BoE)で、中銀発行のデジタル通貨(CBDC)の分析を行うアナリストが、7日にオンラインセミナーを開催。今後の通貨の発行・流通において、民間企業が重要な役割を果たすとの見解を示したことが分かった。

BoEはビットコイン(BTC)を初めとする仮想通貨は、通貨に必要な要素を満たしていないと述べてきたが、アナリストは今後技術が発達し、民間ベースで通貨の役割を果たせるものが開発される可能性はあると語った。

民間企業が、金融包摂など現在の金融システムが抱える問題を解決できる可能性もあると言及。民間ベースで決済に利用できる通貨の誕生もあり得ると指摘した。

なお、BoEはCBDCに対して前向きな中央銀行の一行だ。先月にはディスカッションペーパーを発表し、価値の保存や、日常生活およびビジネスにおける決済のために設計されたCBDCの概要を説明。利便性の高い決済環境や国際送金など、多くのユースケースを生む可能性があると発表している。

関連「デジタル通貨は発行する価値がある」英中銀がCBDCの考察を発表

今回アナリストは、そのCBDCの発行・運用には中央銀行だけでなく、民間企業の協力も必要であると述べている。昨年は、決済システムの構築や仮想通貨の利用について、複数の大手IT企業から提案があったという。

また、CBDCの運用は中銀と民間企業の両方が関わるハイブリッドモデルになる方向で進めていると説明。新たなリスクも伴うが、実用性があれば、民間企業が発行する通貨もCBDCと並行して活用できる可能性があるとの見解を示した。

オンラインセミナーで挙がった、CBDCの主な課題にはプライバシーの保護がある。決済に関する情報やデータの共有範囲等について安心してユーザーが利用できるようにしなくてはいけないと述べ、プライバシーを尊重し、ユーザーがデータを管理できるような仕組みにしたいと説明した。

セミナーの参加者からは、CBDCヘの両替やアクセスの仕方も重要だという声があったという。また税金等の政治における利用方法や、サイバーセキュリティ対策なども話題に上がった。

CoinPostの注目記事

イギリスの仮想通貨事情、規制面で抱える課題と関連ビジネス|Freewallet寄稿
この記事では、イギリスの仮想通貨事情について、仮想通貨規制と規制に関する近年の進展、仮想通貨はイギリスで人気があるのか、どのような仮...
フランス中銀、中央銀行デジタル通貨の応用実験へ向け提案募集
フランス銀行が中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)を実験的に応用する提案を募集している。実験プロジェクトは、ユーロ圏がデジタルキャッシュについて議論する上でも参考とされる見込み。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用