CoinPostで今最も読まれています

コロナ危機の今こそ、社会変革を促進するブロックチェーン技術導入を=BRIレポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新型コロナに対応するブロックチェーン技術

カナダに拠点を置くブロックチェーン技術シンクタンク「Blockchain Research Institute」が、新型コロナによって引き起こされた様々な問題を、ブロックチェーン技術によりグローバル規模で解決するための提言をまとめ、レポートを公開した。

「パンデミックにおけるブロックチェーン・ソリューション」と題されたこのレポートは、3月26日に招集された30人の専門家によるオンライン会議の内容をまとめたもので、パンデミックの対応に必要とされる5つの分野で、どのようにブロックチェーン技術が活用できるかについて、枠組みを策定した。

レポートでは、すでにパンデミックに対応している実際のユースケースを特定するとともに、公衆衛生インフラや、迅速対応システム(RRS)の構築にはブロックチェーン技術が欠かせない要素であると主張している。

パンデミックとの闘いで最も重要な資産:データ

レポートでは「この危機は、データアクセスの危機から生じている」と総括するほど、パンデミック時にデータが果たす役割の大きさとデータへの容易なアクセスの重要性を強調している。

政府や臨床医、一般市民がウイルスに関する正確なデータに容易にアクセスできれば、ウイルスに対して効果的な対策を講じることも可能になる。例えば、どこで、誰が、いつ、どのように感染しているのか、またその連絡経路、回復状況などに関するデータが、比較的入手しやすい環境にある国々(中国、韓国、シンガポール等)では、より迅速に対応措置が取られ、感染拡大阻止に貢献したと、レポートは指摘している。

一方で、データ取得の際にプライバシーや個人の権利をどう守るかという切実な課題も存在する。

このケースでは、個人が自分自身の診療記録を管理する「自己主権型アイデンティティ」を介して、政府や関係医療機関などと必要な情報を、同意ベースで共有できるシステムが有効な解決策となるとしている。ブロックチェーン技術で、プライバシーと公衆衛生保全のバランスを保ちつつ、必要なデータへのアクセスを高めることが可能になるという。

ブロックチェーン企業Shivom社が、EUの革新医療イニシアチブからの要請に応じて、ウイルスホストデータの収集・共有プロジェクトに取り組んでいるという具体的な事例を紹介した。

サプライチェーンの再構築

新型コロナは、グローバル化したサプライチェーンにも打撃を与え始めているが、ブロックチェーン技術により透明性を高め、正確な情報に迅速にアクセス可能なシステムへと転換していくことも可能だ。

医薬品のサプライヤーと在庫状況(有効期限を含む)を可視化することで、分散化された全国的な在庫目録地図を作成。新型コロナ感染症治療に対する有効性が注目を集めている、抗マラリア薬、ヒドロキシクロロキンのような既存の医薬品への突然の需要が生じた際にも、医療従事者が余剰分を確保することが可能になる。また、同じシステムは、人工呼吸器や個人防護具にも適用できる。

経済の持続性への貢献

レポートでは、新型コロナのような感染症の流行時には、現金に変わる「デジタルキャッシュ」への移行が重要になってくると予測し、三つのオプションとして仮想通貨ビットコイン、リブラのような民間デジタル通貨、そして中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)を取り上げた。「キャッシュレス経済が監視経済」とならないための課題も指摘している。

また、パンデミックが経済への影響を拡大する中で、ブロックチェーンベースの金融ソリューションの重要性、またリスク管理のための保険分野への適用についても、詳細に説明。

さらにガバナンスや組織、そして問題解決に関する分散型モデルが、医療経費の削減に繋がるだけではなく、資金の流れや組織運営の透明性、効率性向上にもつながると述べている。

迅速対応に適した医療従事者登録

コロナ危機で顕在化した問題の一つに、医療従事者の不足があるが、レポートでは人材不足というより、医療機関が適切な資格を持つ人材を見つけることに苦心しているという問題があると指摘した。

ブロックチェーン技術を利用して、様々な地域や部門、そして資格認証機関間の調整を合理化し、資格やスキルに見合った需要と供給を効率的かつ透明性を持って結びつけることが可能になるという。具体的にはProCredExやZinc.work等の複数のプラットフォームがすでに稼働しているとのことだ。

インセンティブモデル

人々の行動パターンをより健康的なものに変えるように動機づけるインセンティブにもブロックチェーンが活用できるとカナダの心臓・脳卒中財団とIBMの取り組みを紹介した。

緊急事態は社会的進歩を加速

現在、世界が直面しているパンデミックという緊急事態は、現代社会が抱える様々な課題を露呈すると同時に、新たなテクノロジーの採用も促進する機会となる。

また、感染拡大を阻止するためのロックダウン措置等により、人々の行動は一夜にして変わることが可能だということにも気づくことになった。

レポートは、デジタル時代がもたらす恩恵を最大限に活用する能力のある、新しい世代のリーダーを、このコロナ危機が呼び起こすだろうかと、私たちに問いかけている。

参考:Blockchain Research Institute

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/17 水曜日
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。
11:35
韓国政府、仮想通貨所得への20%課税を2028年まで延期検討
韓国政府は、ビットコインなど仮想通貨所得への20%課税を、さらに延期して2028年からとすることを検討している。
10:40
トランプ氏、4つ目のNFTコレクション販売検討か
米共和党大統領候補であるトランプ前大統領は、自身の4つ目のNFTコレクションをリリースすることを検討しているようだ。ポリマーケットでは当選確率が71%でバイデン氏の19%を大幅にリードしている。
10:05
米リップル社、仮想通貨支持の議員候補者を支援する団体に1.6億円寄付
リップル社は、仮想通貨に否定的なウォーレン議員に代わり、仮想通貨支持派の候補を当選させようとするPACに1.6億円を寄付した。
09:30
DMMビットコインの不正流出、北朝鮮のラザルスが関与か
仮想通貨取引所DMMビットコインの不正流出に、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」が関与している疑いが浮上。すでに流出したビットコインは資金洗浄されているようだ。
08:25
仮想通貨ワールドコイン高騰、開発チームによるアンロック期間の緩和発表で
2024年7月24日からTools for Humanityの投資家とチームメンバーが保有する約200万WLDトークンが毎日ロック解除される。ロック解除スケジュールの延長により、この数字は当初の1日あたり約330万WLDより約40%減少する。
07:30
米ビットコインETF、資金純流入一週間継続
終了したドイツ政府による売圧やトランプ氏の暗殺事件など激動だった週末を経て米国のビットコイン現物ETFには資金が継続的に流入してきている。
07:10
マウントゴックス、5000億円相当のBTCをクラーケンに送金か
マウントゴックスが5,000億円相当の仮想通貨ビットコインをクラーケンに送金した可能性が高いことをArkhamが公表。クラーケンは、1週間から2週間で弁済処理を行うと説明しているという。
06:50
米大統領選に向けたBTC・ETHオプション取引、デリビット提供へ
新たな仮想通貨オプション取引は、大統領選の結果にベットする商品として設計されたものだ。すでにポリマーケットという分散型予測市場で次期大統領にベットする取引が活発的に行われておりトレーダーの流動性が集まる重要な市場となっている。
06:20
仮想通貨ブリッジJumperでハッキング発生、現在復旧
EVMチェーンの仮想通貨ブリッジのJumper Exchangeは16日夜、ハッキングが発生したことを報告した。現在システムは復旧し安全に使用できると伝えた。
05:54
ソラナ基盤仮想通貨CLOUD、Bybitなど上場予定 ローンチパッド開始
取引所Bybit、Backpack、及びGate.ioはトークン販売に先立ち、CLOUDトークンの新規取扱予定を発表した。取り扱いは、日本時間19日12:30より開始する。
07/16 火曜日
15:30
分散型5G通信事業者目指すHelium Mobile、登録者10万人を超える
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、登録者数が10万人を突破したと発表した。今年1月からの半年で7万人増加した形だ。
12:58
ブラックロックCEO、ビットコインの「デジタル・ゴールド」としての役割を評価
最大手資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、仮想通貨ビットコインにデジタルゴールドの役割があることを認めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/17 16:30 ~ 17:30
その他 オンライン
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧