CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨市場に見られる業界の成長サイクルとは、大手VC「a16z」が考察

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場の成長サイクル

シリコンバレーの大手ベンチャーキャピタルAndreessen Horowitz(a16z)は、仮想通貨価格の推移とイノベーションの発展サイクルについて、VCならではの見解を自社ブログで披露した。

これまで仮想通貨市場はビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨価格の高騰や暴落を何度も経験してきた。今回公表されたブログでは、こうしたサイクルと仮想通貨市場の発展にどのような関係性があるのかについて考察を行っている。

仮想通貨の激しい値動きは一見周期性が見られないように一部思われるが、a16zは、このサイクルに一定の法則がある点を指摘。以下のような価格上昇から順に中長期サイクルが見られるとしている。

  1. 価格の上昇
  2. 関心の高まり・SNSでのアクティビティ上昇
  3. 新たなプロジェクト・スタートアップの誕生
  4. プロダクトのローンチや新規参入の増加・価格がATHに達する

出典:a16z

a16zは過去に起きた3つのサイクルを事例に、仮想通貨市場の発展段階について分析した。

2009年~2012年のサイクル

仮想通貨市場で最初のピークは2011年に迎えた。それ以前はビットコイン支持者でさえも、「ビットコインは面白い社会実験であり、実際に価値が付くことはない」と考える者は多かったようだ。

しかし、ビットコイン価格が上昇する中で、起業家を中心に、仮想通貨ビジネスに可能性を感じる人々が増加し、この時期に、仮想通貨取引所やマイニング業者、ウォレット業者などが誕生していた。

出典:a16z

a16zは注目すべきポイントとして、価格下落後にも、一定のアクティビティが開発者やソーシャルメディア、スタートアップで維持された点をあげた。

これはイノベーションなど長期的な成長がなされる際に見られるパターンであると指摘している。

2012年~2016年のサイクル

二回目のピークは2013年の後半だ。これはテクノロジー分野に精通する人々以外にも、仮想通貨の存在を知らしめるきっかけとなったと言えるだろう。

出典:a16z

このピーク時に、仮想通貨市場へ参入する技術者やスタートアップの数は以前より10倍に急増。ブロックチェーン・プラットフォームであるイーサリアムもこの時期に生まれるなど、技術面でも大きな飛躍を見せた。

この飛躍が三回目のピークへと繋がっていくが、このように、ある成長が次の成長へとつながる点が仮想通貨市場に見られる特徴の一つだと、a16zは語る。

仮想通貨市場のサイクルにおいて鍵となる特徴の一つは、草木が種をまいた後、成長し次のサイクルを駆り立てることだ。

2016年~2019年のサイクル

そして2017年に三回目のピークが訪れた。これは仮想通貨バブルとして日本や各国でも大きな話題となり、技術者や金融関係者のみならず、ビットコインを含む多くの銘柄の名は世界中に知れ渡った。

これがきっかけで、再び仮想通貨市場へ新規参入する開発者やスタートアップが増加し、その数はさらに10倍急増。この時期は多くのICOが行われるなど、当分野での起業はスタートアップ界隈において一つのスタンダードともなっていた。

出典:a16z

着実な成長

仮想通貨価格の乱高下により、混沌とした様相を呈する市場だが、a16zの今回のレポートによれば、誕生から約10年間で確実な成長を歩んできていると、以下のグラフなどをもとに評した。

出典:a16z

また同社のレポートでは、今後も起業家や技術者などの努力により、今後もさらにイノベーションが加速していくだろうと仮想通貨市場への期待感を示している。

a16zは先日、5.15億ドル(550億円)規模におよぶ仮想通貨関連投資ファンド『Crypto Fund II』をクローズ。予測額だった4.5億ドルを大幅に超えた。2018年に調達した一号のファンドは3.5億ドルだったため、今回の期待値は以前よりも一層高まり、上述した業界のサイクルから考えられる2019年以降の『第四サイクル』への見込みが反映されている。

参考:The Crypto Price-Innovation Cycle

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧