不安定な相場が続くビットコイン、ETHのアクティブアドレスはBTCを上回る

仮想通貨市況

27日のビットコイン(BTC)は、前日比-0.96%の95.1万円(8,830ドル)に。

26日の反発で一時9,000ドルを回復するも、レジスタンスラインを抜けられずに反落。

BTCはそのまま下げ足を強め再び8,700ドルを割り込むも、底割れはせず急反発。朝方にかけて回復した。 下値の硬さが確認された一方、依然として強い売り圧力は健在なようだ。

背景には、半減期の影響で利益が激減した中小マイナーの事業撤退リスクがある。

現在のBTC価格は、平均的な採算ラインを大きく下回るとの試算もあり、BTC低迷で事業撤退に追い込まれたマイナーの持ち高解消、及び市場売却がBTCの押し下げ要因になるという負のスパイラルが懸念される。25日には、採掘速度の移動平均線を基にした指標「ハッシュリボン」にデッドクロスが確認され、マイナーが降伏状態にあることを示唆した。

関連:ビットコイン採掘でハッシュリボンに「降伏シグナル」、仮想通貨市場は大幅下落

9日後の6月5日前後を予定するビットコインネットワークにおける次回難易度調整にて、大幅易化で調整される可能性が高まっており、マイナー収益の改善に関して、これが一つのターニングポイントとなり得る。(ハッシュレートと手数料など、ビットコイン採掘状況の詳細は以下の記事で解説)

関連:ビットコイン、9日後の「難易度調整」がターニングポイントに

悲観的な予想を示すTraderXO(@TraderX0X0)は、フィボナッチ・リトレースメントの61.8%付近までの調整を予想。レンジ下限の5,000〜6,000ドル台で買いを入れたいとした。

イーサリアム(ETH)

過去2日間で200〜206ドルを推移するイーサリアム(ETH)は、ETH残高のあるイーサリアムアドレス数がビットコインのアクティブアドレス数を上回っていることをデータが示すように、比較的好調な推移を見せている。

出典:Glassnode

アドレスの伸びは、DeFi(分散型金融)の台頭と一致しており、DeFiイニシアチブに起因するユーティリティの成長に起因する可能性がある。ETH2.0への期待感とステーキング需要が後押ししているものと思われる。

イーサリアムのブロックチェーン技術を専門に扱うConsenSys Codefiの調査によれば、ETH2.0への移行後に「保有ETHをステーキングする」と回答した投資家は、全体の約66%を占めている。先日、「ETH2.0」へ移行後のステーキング報酬を算出する計算機がリリースされた。

出典:ConsenSys

ブロックチェーンゲームなどdApps需要も追い風になっており、イーサリアムのアクティブウォレット数は、2018年以来350%増となっている。

関連:大型ブロックチェーンゲーム「Gods Unchained」、dAppsゲーム史上最高取引数を記録

一方で、中・長期的なファンダは強気だが、直近出来高は減少傾向にあり、基軸通貨であるビットコイン価格がこのまま続落した場合は連れ安する可能性が高い。 バイナンスリサーチの調査によれば、BTCとETHの相関係数は0.92と極めて高い数値となっている。

出典:バイナンスリサーチ

ビットコインとの相関低いアルトコインは? バイナンスリサーチが相関係数で指摘

強気の見立てを示す、海外トレーダーByzantine General(@ByzGeneral)は、一定期間内でどの価格帯で売買されたかを示す「可視範囲出来高」を示し、約216ドル(23,200円)を次のターゲットに置いた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します