仮想通貨Lisk公式寄稿:2020年5月マンスリーレポート

Lisk公式寄稿記事

私たちが取り組んでいることを、ひとりでも多くの方に知っていただきたいと思っています。そのため、Liskに関するニュース、最新情報、進捗などをまとめて毎月お伝えしています。

ブロックチェーン相互運用性まですべての研究が完了

LIP0034とLIP0035が、正常に統合されました。これにより、4つのプロトコルロードマップのフェーズ「セキュリティと信頼性」、「ネットワーク経済」、「ネットワークコンセンサス」、そして「ネットワーク長寿化」の研究が終了し、Liskプロトコルの改良に関する研究が大きな節目を迎えました。

4つのプロトコルロードマップのフェーズの変更は、すでにLisk SDKリリースに含まれています。取引履歴が記録されている独立したブロックチェーン、Liskコア・メインネットの一部となります。

2018年6月以降、全体で35のLIPが完成し、lips GitHubリポジトリに組み込まれました。全てのLIPは重要な研究作業に基づいていて、それはLisk調査フォーラムでのオープンな議論の一部分として、徹底的な内部査読とコミュニティからの意見を受け付けてきた結晶であるともいえるでしょう。

仮想通貨Lisk公式寄稿:ブロックチェーンの相互運用性までの研究を全て完了

Lisk SDK 5.0.0.0 要件収集終了

Lisk SDK5.0.0.0 の要件収集が終了し、想定される課題をすべて洗い出すことができました。Lisk SDK 5.0.0は、当社のプロトコルロードマップにおけるネットワーク長寿化の段階を実行し、いくつかのDevExpの改善を取り上げています。リリース目標についての詳細は、Lisk SDK version 5.0.0.0のGitHubプロジェクトボードをご覧ください。

TypeScriptへのフレームワーク移行

Lisk SDKバージョン 5.0.0 の最初の大きな節目を迎えました。この節目は、TypeScriptへのLiskフレームワーク移行について言及しています。このバージョンより、Lisk SDKのパッケージはすべてTypeScriptで書かれるようになりました。この詳細はGitHubをご覧ください。

Lisk 1.26.0 for Desktop のリリース

Liskユーザーインターフェイス開発チームより、Lisk 1.26.0 for Desktopが5月20日にリリースされました。このバージョンでは、トランザクション統計のための新しいGUI、ネットワークを検査するための全く新しいカテゴリ、および刷新されたニュースフィードが導入されています。それに加え、このバージョンでは、Ledgerハードウェアウォレットのバグが修正されています。

FeatChainプロジェクトの構築

Lisk Buildersプログラムの一環として、Jonathan Massuchetti氏 (lisk.chatユーザー名: @JesusTheHun)がLiskブログで自分のプロジェクトについての記事を公開してくれました。彼のコンセプトを証明するブロックチェーンアプリケーション「FeatChain」は、人々の成果を検証することができる唯一の情報元であることをねらいとしています。ブログの記事には、一般的なプロセス、実装、アプリケーションのフロントエンドについての詳細が掲載されています。プロジェクトのデモは彼のウェブサイトで見ることができます。

Liskメインネット4周年記念

5月24日でLiskのメインネットが4周年を迎えました。2016年にLiskのネットワークを成功裏に立ち上げて以来、Liskはブロックの高さが1230万に達し、300万以上の取引が行われました。1800以上の代表者アカウントがネットワークに登録され、これまでに3900万以上のLiskトークンが代表者によって生成されました。その他、この4年間で達成した重要な成果のいくつかを、ブログ記事にまとめて公開しました。

The 4th Anniversary of Lisk Network

LiskがCryptoMisoで1位にランクイン

CryptoMisoというGitHubの活動比較サイトでは、ブロックチェーン領域の247のプロジェクトを対象にしており、どの期間でも一貫してLiskがトップ3にランクインしています。現在、12ヶ月間の活動レポートでは、Liskは他のプロジェクトの中で1位にランクされています。

フォビグローバルでLiskのステーキングサービススタート

大手仮想通貨取引所のフォビ・グローバル(Huobi Global)は4月30日、「Lisk Staking Service」の提供を開始しました。

これにより、Huobi Pool上で簡単にLiskをロックしてステークすることが可能になりました。フォビ・グローバル(Huobi Global)は、コインチェック、バイナンスに次ぐ3番目の大手仮想通貨取引所です。

今月のマンスリーレポートは以上です。Liskは引き続き、効率的かつ透明性のある分散型アプリケーション開発を担う人々をサポートしていきます。来月のレポートでも、ひとつでも多くの喜ばしい成果を報告できるようにいたします。

詳細情報

Lisk公式サイト

Lisk公式ブログ


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用