福利厚生サービスJTBベネフィットが企業向けブロックチェーン学習サービスを提供、techtecとの提携で実現

福利厚生サービスをブロックチェーン学習

大手旅行サービスJTBグループ傘下のJTBベネフィットが、導入企業数No.1の福利厚生サービス「えらべる倶楽部」を通じて、ブロックチェーンの学習・教育コンテンツの提供を開始することがわかった。

新型コロナウイルスの影響によるオンライン学習環境整備が急務となる中、techtecとの提携で実現した。

「PoL Enterprise」を通じて、企業向けのブロックチェーンコンテンツを「福利厚生」サービスの一つとして提供する。

JTBベネフィットとは

JTBベネフィットは、福利厚生分野などの事業を展開する企業。福利厚生サービスの加盟者は、約2,150企業・組織、約470万人にも及ぶ。

ブロックチェーンコンテンツが配信される「えらべる倶楽部」は、JTBが取り扱うリゾート・宿泊施設が割引になるサービスのほか、育児・介護・ライフサポートまで幅広く対応、生活に密着したサービスメニューを会員価格で利用可能な「福利厚生」のトータルアウトソーシングサービスとなっている。

PoL(ポル)とは

PoL(ポル)は、”学習するほどトークンがもらえる”暗号資産・ブロックチェーンのオンライン学習サービスのこと。

学習することで獲得できる「PoLトークン」は、ライターコースや英語コースで使用することができる。

PoLでは、長年培ってきた運用実績を元に、企業のブロックチェーン事業の立ち上げをワンストップでサポートし、“エンタープライズブロックチェーン”の導入・開発を支援する「PoL Enterprise」を提供している。

今回の提携を通じてtechtecは、「福利厚生サービスを全国に展開するJTBベネフィットとの提携により、日本のブロックチェーン産業は大きく拡大すると考えている。」と期待を寄せた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用