CoinPostで今最も読まれています

失われた5億円相当のビットコインを取り戻せるか、あと一歩に迫った「21世紀の宝探し」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインを捜して

米ソーシャルニュースサイトRedditで、ある投稿が話題を呼んでいる。

現地時間9日、Redditユーザー「shotukan」は、長年捜していた533ビットコインが保存されているノートパソコンを、やっと発見したと投稿した。しかし、そのパソコン内部には、ビットコインを取り出すための、一番肝心な部品が見当たらなかった。

ハードディスクが外されていたのだ。

亡くなった弟にあげたノートパソコン

「shotukan」は、2010年に購入した533BTCが保存されたノートパソコンを長い間捜していたが、やっと見つけることができた。昨年、心筋梗塞で亡くなった弟にあげたことを、彼はすっかり忘れていたのだが、弟の遺品を調べていて見つけたという。しかし、喜びも束の間、そのノートパソコンからはハードディスクが取り外されていた。

shotukanによると弟は、色々なものを分解して、その仕組みを発見するのが好きだったが、その作業は系統だったものではなく、残されたものは雑然としているとのこと。彼は、ハードディスクが永久に紛失してしまった可能性を恐れているという。

しかし、弟の所持品が入った箱という箱全てを、徹底的に調べ尽くすつもりだと強い決意を表明している。

533BTCは現在の価格で、5億6000万円相当。

Redditのスレッドには、様々な意見やアドバイスが寄せられ、この宝探しの続報が待たれているようだ。

ビットコイン紛失はよくあること?

ビットコインを紛失したり、アクセスできなくなるケースはこれまでにも幾多の報告がある。

昨年11月に発表された米ブロックチェーン・データ分析会社Coin Metricsの研究によると、ビットコインネットワークでは、150万BTCが永久に失われた可能性があると指摘されている。 その大半を占めるのが、いわゆる「ゾンビコイン=死蔵コイン」で、ネットワーク上には存在するものの、ユーザーによる秘密鍵紛失が主な理由で取り出すことができないビットコインだ。

有名な例では、唯一の秘密鍵管理者であったCEOの急死により、顧客資産である150億円相当の仮想通貨にアクセス不可能となったカナダの仮想通貨取引所QuadrigaCXがある。

また、今年2月にはアイルランドで、麻薬密売で得た資金で購入した6000BTC(63億円相当)を押収された容疑者が、秘密鍵を紛失し、アクセスできなくなった事件が報道されている。 この容疑者は、ハッキングを恐れ、12のアカウントに分けたビットコインの秘密鍵を記録したペーパーウォレットを釣竿の中に隠していたが、その釣竿が服役中にゴミとして処分されてしまっていたという、笑えない話だ。

一方、明るい話題としては、2010年当時、パソコンのGPUを使ってビットコインのマイニングをしていた自称「ビットコイン初心者」が、今年3月、長年活動から離れていたため、放置していた1000BTCの入ったウォレットを見つけ、売却する方法をBitcoin Talkで相談したというケース。

2日後、この元マイナーは、「すべての提案に感謝!全体として素晴らしい利益で、手に入れられる中で最高の歓待だった」と投稿している。 なお、2010年以後、ビットコインは数々のハードフォークを経ているため、彼は、ビットコインキャッシュやビットコインゴールド 、ビットコインSV などハードフォークで誕生した仮想通貨も、手に入れたことになる。

永久喪失したBTCはビットコインの希少価値に繋がる

また、半減期を含め、デフレ資産としての側面が注目されるビットコインは、秘密鍵の喪失などに伴う永久に取り出せなくなったビットコインの数量が希少価値に繋がるとして注目されている。

これまでのビットコインの永久喪失数は、2019年のデータで推定400万〜600万BTCに上る。

これは、最大発行枚数の4分の1に相当する量で、多くのBTCがブロックチェーンから動かせなくなっている状況を示している。

取り出すには、所有者を証明するための「秘密鍵(サイバー状の実印)」を見つけるか、ハードフォーク等の対応が必要になるが、どちらも現実的な解決策ではなく、永久に喪失したビットコインとしてカウントされている。

喪失したビットコインについては、ジェムソン・ロップ氏がカンファレンスで紹介したデータや、Chainalysisが調査した内容などがある。

出典:Chainalysis

出典:Reddit

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア